いにしえの鳥の声

 

鶯は玉を転ずるが如く、時鳥は絹を裂くが如し

 

ウグイス

江戸時代以前

うううくひ(平安時代)

うーくひ(平安時代)ウーグヒ+ス=ウグイス

ほーほき

ひーとく

つーきひほし

ひとくひとく(人来人来)谷渡りの声

江戸時代以降

ホーホケキョ

いかなれば 春来る毎にうぐひすの 己の名をば人に告ぐらん

美作守匡房

うぐひすが自分の名を鳴いている。

心から 花の雫に そほちつつ うくひずとのみ 鳥の鳴くらん

藤原敏行

自分から好んで花の雫に濡れながら、どうしてあの鳥は『つらいことに羽が乾かない』とばかり鳴くのだろう 

『うぐいす』という鳴き声を『憂く干ず(つらいことに羽が乾かない)』と聞いた。

(谷渡りの声)

梅の花 見にこそ来つれ 鶯の ひとくひとくと 厭ひしもをる  

古今和歌集

私は梅の花をこそ見に来たので、他のものに用があるわけではない。それなのに鶯が『人が来る 人が来る』と嫌がっているのはどうしたことだ。

地鳴き『ちよ』

 窓ちかき 竹の葉も 春めきて ちよの声ある やどの鶯

平貞時

窓辺の竹に吹く風も春らしくなって、庭先の鶯が「千代」の声をあげている。

慈悲心も 仏法僧も 一声の ほう法華経に しくものぞなき

蜀山百首

(江戸時代の狂歌) 

今の世も 鳥はほけ経 鳴きにけり

一茶

 

 

時代

聞きなし

呼び名

カッコウ

奈良時代

かつぽー

かつふおー

かほどり(容=)

奈良時代

あこ(吾子)

ここ(子来)

(呼び立てているようなので)

よぶこどり(呼=喚子鳥)

平安時代

ふわっこー

はこどり(箱鳥)

平安末期

かんこー

かんこどり(閑古鳥)

 

はやこ はやこ(早来 早来)

はやこどり

夕方から夜に鳴くことがあるので寂しいことの代名詞。『冥土鳥』の別名も。

 

 

ウソ

口にてふくうそに、かの鳥の音のあひたれば、うそといへるなり 

名語記

カラス

ころく

からすとふ おほをそどりの まさでにも きまさぬきみを ころくとぞなく

万葉集

かかあ

横柄に 人の妻戸を あけがらす かかあかかあと 呼びわたるかな

四方赤良

江戸時代の狂歌

ガン

かり

行きかへり ここもかしこも 旅なれや くる秋ごとに かりかりと鳴く

後撰和歌集

行きも帰りも雁たちにとっては、ここもあそこも旅なのだろうか。

やって来る秋ごとに『仮り仮り』と鳴いている。 

ぬばたまの 夜渡る鴈はおほほしく幾夜を経てか己が名を告る

万葉集

秋ごとに 来れど帰れば たのまぬを 声にたてつつ かりとのみ鳴く

後撰和歌集

キジ

ほろほろ(羽音と混同説も)

春の野のしげき草葉の妻恋ひにとびたつ雉子のホロホロとぞなく

平貞文(古今和歌集)

きぎす鳴く 春の大野を 見わたせば さわらびあさり ほろほろうつなり

為定家集

羽音

けいけい

江戸時代中ごろからケンケン

トビ

ヒヨロ ヒヒヨロ

ヒヨロ ヒヒヨロ神の 御立ちげな

一茶

フクロウ

糊すりおけ

ふくろふの糊すりおけと呼ぶ声に衣ときはなち妹は夜ふかす

橘曙覧

秋寒し 鳥も糊つけ ほほんかな

一茶

仏法僧

ぶっぽうそう

我が国は 法いかめしき所とて 鳥も仏法僧とこそ鳴け

後鳥羽天皇

ホトトギス

ほととぎす

暁に 名告り鳴くなる ほととぎす いやめづらしく 思ほゆるかも

万葉集

信濃なる 須賀の荒野に ほととぎす 鳴く声聞けば 時過ぎにけり

万葉集

死出の田長 しでのたおさ

いくばくの 田をつくればか ほととぎす 死出の田長を あさなあさな呼ぶ

古今和歌集

てっぺんかけたか

ほととぎす 富士と筑波の 天秤に 両国ばしを かけたかとなく

徳和歌後万載集

ほんぞんかけたか

仏壇に 本尊かけたか ほととぎす

犬筑波集

 

スズメ

しうしう                                                                                                                 

ねやのうへに すだくすずめの こゑばかり しうしうとこそ ねはなかれけれ

藤原公重

じっじっ

畑生に 黍食むしじめ じじめきて かしましきまで 世をぞうらむる

源俊頼

ちゅー

生まれながら をつくすや 雀の子

羽原忠之

ちょっちょ

雀どの お宿はどこか 知らねども ちょっちょと御座れ 酒の相手に

蜀山百首

 

スズメ

明治までは鼠と共通

平安時代〜室町時代

しうしう

じじ

江戸時代

ちうちう

ちち

ちーちー

大正時代

ちゅんちゅん

 

千鳥

ちよちよ                                                                                                                

我君を かぞへあげてや 浜千鳥 ちよちよといふ 声のみのする

言継集

「チヨ」と鳴くので「千代」、連続的に鳴くので「八」というめでたい数字を付け「八千代」が作り出された。

しほの山 さひでの磯に住む千鳥 君が御世をば やちよとぞ鳴く

古今和歌集の賀歌

『君が代』の元歌

新春、海岸で、シロチドリ

 

千鳥

室町時代まで

ちよちよ

江戸時代まで

ちりちり

大正時代

ちんちん

 

ハシブトガラス

奈良時代

ころ

から

平安時代

かか

鎌倉時代

こかこか

江戸時代

かあかあ

 

ホトトギス

平安時代〜

室町時代

ほととぎす

江戸時代

てっぺんかけたか

本尊かけたか

不如帰(ふにょき)は中国におけるききなしに由来

過時不熟  ときすぎばみのらじ

 

ヌエ

ひい

ヌエの声は片思いに泣く声

江戸時代からヒューヒー

 

森昌子『越冬つばめ』で、燕は『ヒュールリー、ヒュルリララ』

 

ウトウ(親鳥)

   ()

うとう

やすたか

こかこか(子か子か)

ころく

キジバト

としよりこい(年寄り来い)

十一

しひしん(慈悲心)

ひいよろ

とうてんこう

ひよこ

ひよ (ひよ+子=ひよこ)

ほほう

不如帰

おととこいし(弟恋し)

赤ちゃんの泣き声

いがいが

ひよひよ(読み方はびょうびょう)

 (遠吠え)

べうべう

(オス)

もー

うんも

(メス)

めー

うんめ

いん(『い』と鳴くから『いななく』)

  (機嫌の良いとき)

  (機嫌の悪いとき)

こうこう

こんこん

くゎいくゎい

ここ

鹿

かひよ

ツクツク法師

くつくつぼうし

ねうねう

しうしう

ミンミン蝉

みうみう

嘔吐の音

えぶえぶ

人が木から落ちるさま

ふりふり

犬の声を『わん』と表現するようになったのは江戸時代から

猿の鳴き声が『ここ』から『キャッキャッ』に変化したのは室町時代

 

 

ホーム

鳥へぇ