寿命

 

人と違い、鳥はオスが長生き。

鳥類の限界寿命は同サイズの哺乳類の約2倍。

 

平均寿命

()

ツバメ

ロビン

1.1

スズメ

1.3

ウチヤマセンニュウ

1.4

シジュウカラ

ホシムクドリ

1.5

マガモ

1.6

クロウタドリ

1.9

カワセミ

2

ヤマシギ

2.2

ミフウズラ

マガモ

エナガ

2.5

アオサギ

2.7

セグロカモメ

アジサシ

2.8

ミソサザイ(飼育個体)

3

ハジロコチドリ

シロチドリ

アカアシシギ

4

オオルリ(飼育個体)

アマツバメ

5

セキセイインコ(飼育個体)

7

エゾライチョウ

7.3

ハシボソガラス

ハシブトガラス

7.5

ウグイス(飼育個体)

コマドリ(飼育個体)

ムクドリ(飼育個体)

フクロウ

8

 

シロフクロウ

キンメペンギン

9.5

シジュウカラ(飼育個体)

ツグミ(飼育個体)

クマゲラ

(飼育個体)

ガン

オニオオハシ

10

ハクチョウ類

11

キョクアジサシ

12

トキ

カワウ

13

ミヤコドリ

13.5

インコ

14

ミヤコドリ

伝書鳩

15

オウム

17

コアホウドリ

18

ウミネコ

マガモ

アヒル(飼育個体)

エンペラーペンギン

フクロウ(小型)

20

アホウドリ

22

オオワシ

23

ガチョウ(飼育個体)

シロフクロウ(飼育個体)

タンチョウ

25

フクロウ(大型)

オオワシ

タンチョウ

30

カッコウ(飼育個体)

32

ロイヤルアホウドリ

33

コウノトリ(飼育個体)

35

チリーフラミンゴ

40

タンチョウ(飼育個体)

45

ジサイチョウ

50

ダチョウ

55

 

最高寿命

エナガ

4

ミソサザイ

5

ハマシギ

6

ホオジロ(足環経過)

6.6

メジロ(足環経過)

フクロウ(足環経過)

6.11

ホオジロ

コオバシギ

コガラ

7

ツバメ(足環経過)

ムクドリ(足環経過)

7.1

スズメ(足環経過)

ハシボソガラス(足環経過)

7.2

シジュウカラ(足環経過)

タシギ

7.5

ハチドリ

ヨシキリ

ツノメドリ

8

キジバト(足環経過)

8.3

シジュウカラ

9

ウグイス(足環経過)

マナヅル(足環経過)

9.0

ヒバリ

スズメ

ハシブトガラ

シジュウカラ

クロウタドリ

ウズラ

10

ヤマガラ(足環経過)

10.7

ホシムクドリ

10.9

ロビン

コキンメフクロウ

ワライカワセミ

11

オオフウチョウ

カササギ

クロヅル

12

ハシグロアビ(足環経過)

12.11

イエスズメ

キレンジャク

ミヤマシトド

ヨーロッパコマドリ

カッコウ

ノグチゲラ

13

イエスズメ(足環経過)

13.4

アオカケス

13.8

メンフクロウ

14

コハクチョウ(足環経過)

14.4

シジュウカラ

セキセイインコ

ハクチョウ類

ホシムクドリ

15

ツバメ

スズメ(飼育下)

オオグンカンドリ

チョウゲンボウ

16

カケス

モリフクロウ

アマツバメ

17

ウソ

17.5

アホウドリ(足環経過)

17.7

オオバン

アオサギ

カワウ

ノスリ

ミサゴ

18

オオグンカンドリ(足環経過)

18.6

タンチョウ(野生)

オニアジサシ

ミヤマガラス

19

セキセイインコ(飼育個体)

ホシムクドリ

ミヤマガラス

クロウタドリ

マガモ

キーウィ

20

ヨーロッパアマツバメ

アオガラ

ヤマシギ

21

コブハクチョウ

フラミンゴ

22

イエスズメ

アビ

トビ(飼育下)

ユリカモメ

カンムリカイツブリ

カワウ

23

カナリア

ノスリ

カワウ

トビ

カナリア

ヒバリ

24

アオサギ

シロフクロウ

24.5

カササギ

ルリカケス

25

アジサシ(足環経過)

25.0

ウミネコ(足環経過)

25.11

ムラサキサギ

キングペンギン

コウノトリ

26

オオミズナギドリ(足環経過)

26.0

ミサゴ(足環経過)

26.2

マガモ(足環経過)

26.4

キジ

シロチドリ

アジサシ

ミヤコドリ

セグロカモメ

キョクアジサシ

ゴシキヒワ

チョウゲンボウ

27

セグロカモメ(足環経過)

28.0

アビ

トラフズク

シロフクロウ(飼育個体)

アオサギ

28

カナダガン(足環経過)

エンペラーペンギン(飼育個体)

28.5

ズアオアトリ

マガモ

29

ヒバリ(飼育個体)

キョウジョシギ

ユリカモメ

ドバト(飼育個体)

(飼育個体)

シマフクロウ(飼育個体)

コウノトリ(飼育個体)

ウミネコ

オオバン

30

ダイシャクシギ

セグロカモメ(自然)

ミサゴ

ガン

オオミズナギドリ(標識調査)

31

ニシツノメドリ(足環経過)

31.11

セグロカモメ

32

アカオネッタイチョウ(足環経過)

32.8

カナダガン

33

コアホウドリ(足環経過)

33.1

キョクアジサシ(足環経過)

34

ワタリアホウドリ(足環経過)

34.7

ハト

35

シロアジサシ(足環経過)

35.11

トキ(飼育個体)

セグロカモメ

36

ミヤコドリ

シマフクロウ

37

オオグンカンドリ(足環経過)

38.2

エミュー

40

クロアシアホウドリ(足環経過)

40.8

キングペンギン(飼育個体)

41

コアホウドリ(足環経過)

42.5

セグロカモメ(飼育個体)

44

イヌワシ

46

マガン

47

ペリカン

ダチョウ

50

コンドル

52

コアホウドリ

53

シロアホウドリ

58

フクロウ

60

ソデグロヅル(飼育個体)

ダチョウ

62

コンゴウインコ

63

タンチョウ

65

ワシミミズク(飼育個体)

68

ワタリガラス

69

コンドル

72

ダチョウ

80

シロエリハゲワシ

118

オウム(飼育個体)

120

標識調査で、満30歳のウミネコの個体が確認された。

 

寿命

生理的寿命

生態的寿命

環境が良い場合の寿命

自然環境下での寿命

 

一般的に寿命が長くなるにつれ成鳥の生存率が高くなり、

成熟に要する期間が長くなり、一腹卵数は少なくなる。

寿命が長く、一腹卵数の少ない種はk淘汰種。

寿命が短く、一腹卵数の多い種はr淘汰種と考えられる。

k淘汰

安定した環境で平衡状態が維持

大卵少産、晩熟、大型化

r淘汰

新しい生息場所、不安定な場所。

多産、早熟、小型化

スズメなど

 

寿命(L)は、おおよそ体重(W)の5乗根に比例し、

L17.6W0.20  という関係が有る。

すなわち、体重が二倍になると寿命は15%長くなり、

寿命が二倍になると体重は32倍になる。

体が大きいと単位体重当りの代謝量が少なく、脂肪を溜め込むことができるので、寒さや飢えに耐えられる。

天敵も少なくなる。

同じ種でも高緯度個体群などは、年間死亡率が高くなるため、

寿命が短くなる傾向が有る。

大型の鳥の寿命は繁殖年齢の10倍程度。

 

 

繁殖開始齢平均

繁殖開始後の期待余命

アデリーペンギン

6.2

4.9

8.9

8.9

ワタリアホウドリ

12.1

11.2

22.2

12.3

フルマカモメ

8.0

30.3

ハシボソミズナギドリ

7.0

9.7

コウノトリ

3.4

3.9

3.7

3.7

コブハクチョウ

6.0

5.8

ハクガン

2.2

4.8

カオジロガン

6.7

6.0

10

8

ミサゴ

3.6

7.6

ハイタカ

2.0

2.3

ハヤブサ

2.0

9.5

ミヤコドリ

6.6

4.5

9.7

9.7

フクロウ

4.1

4.9

マダラヒタキ

1.9

1.5

1.4

1.5

アオガラ

1.3

1.2

2.3

1.7

ウタスズメ

1

1

2

2

ホロリダヤブカケス

2.9

2.4

4.1

4.3

 

自然死亡率

(%)

アホウドリ

5

ミヤコドリ

7.5

キョクアジサシ

10

アマツバメ

19

ハヤブサ

25

22

アカアシシギ

25

シロチドリ

25

アジサシ

25

ハジロコチドリ

28

セグロカモメ

30

トビ

30

アオサギ

31

ヤマシギ

37

クロウタドリ

42

シジュウカラ

42

マガモ

48

スズガモ

55

スズメ

55

ホシムクドリ

60

ロビン

62

ツバメ

63

 

シジュウカラの平均余命

卵の時点

8ヶ月

巣立ち若鳥

10ヶ月

成鳥に達した鳥

15ヶ月

 

セグロカモメ死亡率

一年目

60%

二年目以降

30%

 

ミヤコドリ

繁殖開始年齢

34

繁殖開始までの生存率

2030%

繁殖後の生存率

90%

 

ヨーロッパコマドリ

卵からの巣立ち成功率

55%

巣立った雛の年内死亡率

77%

屋外での最高寿命

11

 

巣立ち成功率

開巣性

45%

洞巣性

67%

 

産み落とされた卵が成鳥になるのは 818%

カイツブリの雛が無事に成長する確率は2%

スズメ

生後一年以内に75%が死亡

成鳥の余命は24ヶ月

 

成鳥まで育った鳥のその後の年々の生存率

クロウタドリ

42%

シジュウカラ

46%

ロビン

62%

オオミズナギドリ

93%

アホウドリ 巣立ち後の生存率 95.5%と高い。

 

 

ホーム

鳥へぇ