国鳥

 

 

日本

 

キジ

文部省が日本鳥学会に諮問し、昭和233月、ヤマドリ、ウグイス、ハトなどの候補の中から日本鳥学会が選定。

(法律の定めはない)

キジは日本特産種。(当時知られていた日本固有種はキジとヤマドリだけ)

雄は姿が優美で、羽もヤマドリより美しい。

渡り鳥でなく、本州、四国、九州で一年中姿を見ることができる。

童話、文学、芸術などで親しまれている。

狩猟対象として最適であり、肉が美味。

雄の飛ぶ姿は力強く男性的。

雌は勇気と母性愛に富む。

 

アイスランド

パフィン

食料にもする

シロハヤブサ

北極圏の王者

アイルランド

ミヤコドリ

渡り鳥

アゼルバイジャン

(タゲリ)

 

アメリカ合衆国

ハクトウワシ

1782年、世界最初に制定

正義、勇気、実力の象徴

アルゼンチン

セアカカマドドリ

 

アルバニア

イヌワシ

 

アルメニア

(タゲリ)

 

イエメン

(シラコバト)

 

イギリス

ヨーロッパコマドリ

 

イスラエル

ヤツガシラ

旧約聖書で禁止された食物

(人に有益=不可食)

イタリア

() (ワシミミズク)

 

イラク

イワシャコ

 

インド

インドクジャク

姿が美しいから

インドネシア

ジャワクマタカ

 

ウガンダ

ホオジロカンムリヅル

国旗の中央にも描かれている

ウクライナ

コウライキジ

 

ウズベキスタン

鳩 (ゴシキヒワ)

 

ウルグアイ

ナンベイタゲリ

 

エクアドル

アンデスコンドル

 

エストニア

ツバメ

 

エリトリア

ホオジロエボシドリ

 

オーストラリア

(エミュー)

食料にもする

オーストリア

ツバメ

 

オランダ

ヘラサギ(コブハクチョウ)

沢山繁殖していた

ガイアナ

ツメバケイ

 

カザフスタン

オジロワシ

 

カナダ

(アビ)

 

ガボン

キセキレイ

 

カンボジア

レンカク

 

キューバ

キューバキヌバネドリ

 

ギリシャ

(コキンメフクロウ)

 

キリバス

グンカンドリ

希望の象徴

キルギス

(オジロワシ)

 

グアテマラ

カザキキヌバネドリ

 (ケツァール)

世界一美しい鳥

グレナダ

グレナダバト

 

クロアチア

ヤツガシラ

 

ケニア

ライラックニシブッポウソウ

 

コスタリカ

バフムジツグミ

ケツァールでなく、地味なバフムジツグミ。

国内全土に普通に生息し、声も親しまれている。

コートジボアール

セイタカシギ

 

コロンビア

アンデスコンドル

 

サントメ・プリンシペ

ヨウム

トビ

 

ザンビア

サンショクウミワシ

 

ジャマイカ

フキナガシハチドリ

 

ジョージア

(オジロワシ)

 

シンガポール

キゴシタイヨウチョウ

 

ジンバブエ

サンショクウミワシ

 

スウェーデン

クロウタドリ

春告げ鳥

スペイン

(オナガ)

 

スリランカ

セイロンヤケイ

旧国名はセイロン

セネガル

モモイロペリカン

 

セントクリストファー・ネイビス

カッショクペリカン

 

セントルシア

イロマジリボウシインコ

 

ソロモン諸島

アカオネッタイチョウ

 

タイ

シマハッカン

 

大韓民国

(カササギ)

愛の橋をかけてくれる吉兆鳥

台湾

(ヤマムスメ)

 

タジキスタン

(サケイ)

 

タンザニア

コンゴクジャク

 

チェコ

オオモズ

 

チリ

コンドル

 

デンマーク

コブハクチョウ

 

ドイツ

シュバシコウ

 

ドミニカ共和国

ヤシドリ

 

ドミニカ国

ミカドボウシインコ

 

トリニダード・トバゴ

ショウジョウトキ

 

トルクメニスタン

(オジロワシ)

 

トルコ

ワキアカツグミ

 

ナイジェリア

カンムリヅル

 

ナミビア

ダチョウ

ハジロアカハラヤブモズ

 

ニカラグア

アオマユハチクイモドキ

 

ニューカレドニア

カグー

 

ニュージーランド

キーウィ(タテジマキーウィ)

 

ネパール

ダフェ

 

ノルウェー

ムナジロカワガラス

 

ハイチ

ヒスパニオラキヌバネドリ

 

パキスタン

イワシャコ

 

パナマ

オウギワシ

 

バハマ

フラミンゴ

 

パプアニューギニア

アカカザリフウチョウ

 

バミューダ

シラオネッタイチョウ

 

パラグアイ

ハゲノドスズドリ

 

バーレーン

ダチョウ

 

ハンガリー

ノガン

 

バングラデシュ

シキチョウ

 

フィリピン

フィリピンワシ

 

フィンランド

オオハクチョウ

 

フェロー諸島

ノガン

 

ブータン

ワタリガラス

 

ブラジル

オニオオハシ

 

フランス

(雄鶏)

 

ブルキナファソ

コシアカツバメ

 

ベトナム          

 

ベネズエラ

ツリスドリ

国鳥選定コンテストで決定

ベラルーシ

シュバシコウ

 

ペルー

アンデスイワドリ

 

ベルギー

チョウゲンボウ

ネズミを食べる益鳥

ボツワナ

ライラックニシブッポウソウ

 

ポーランド

 

ボリビア

コンドル

 

ポルトガル

雄鶏

 

ホンジュラス

コンゴウインコ

 

マリ

ホンセイインコ

 

マルタ

イソヒヨドリ

 

南アフリカ共和国

ハゴロモヅル

 

南スーダン

サンショクウミワシ

 

ミャンマー

ハイイロコクジャク

 

メキシコ

カラカラ

 

モザンビーク

アヒル

 

モーリシャス

ドードー

絶滅種

モーリタニア

タマシギ

 

モルドバ

クロハゲワシ

 

モンゴル

オジロワシ

 

ラトビア

ハクセキレイ

 

リトアニア

シュバシコウ

 

ルクセンブルグ

キクイタダキ

国土が小さいので欧州最小の鳥を選定

ルーマニア

モモイロペリカン

 

ロシア

(ゴシキヒワ)

 

国鳥は手厚く保護されていることが多い。

国鳥を狩猟の対象にしている国は日本だけ。

 

米国の州の鳥

 

 

ホーム

鳥へぇ