ま

 

マガモ

()は同類の中で標準的なもの

マキノセンニュウ

人名由来(牧野)

牧野(牧草地)に生息。

マダラチュウヒ

英名 Pied Harrier を直訳

マナヅル

肉がおいしいので真菜鶴

群れの飛行状態の『つれそう』からツル。

マナヅルよりナベヅルの方が味が良い。

マナは親愛の語。

()すなわち、褒めたたええるという意を添える接頭語。

古語はタヅ 警戒したときに一斉に頭を上げる。

この情景から多頭

マヒワ

平安時代から「ひわ」

江戸時代前期に「まひは」「べにひは」「かはらひは」と区別

マミジロ

江戸時代中期から「まみしろ」

マミチャジナイ

江戸時代後期から「まみしろしない」

のある色いシナイ

シナイはシロハラやツグミのこと。

『し』は鳴き声

『なひ』は『なふ』の連用形。

(シーと鳴く鳥)

チャジナイはアカハラ

マミシロチャジナイの略

アカハラとマミチャジナイはシロハラの亜種に分類する説も

ミコアイサ

オスの羽を巫女(白い衣を着て、目の周りに黒い刺青をしている)に見立てた。

美しくて小さいため御子。

ミサゴ

魚を捕らえるときに激しい水音がするが、

その音を表現したビシャゴから『ミサゴ』の名が付いた。

ミサグの転。ミサグはミヅサハカスの反

水に飛び込み、水中の魚を捕らえることから、

水探(みさご)』が語源となった。

ミズサガシ(水捜)

ウミサグリドリ(海捜鳥)

水沙(みさ)の際にあるからミサコ(水沙児)

ミズナギドリ

長い翼で水()を薙ぎ切るように飛んでいることから。

『薙ぐ』とは「刀や鎌を素早く横に振って、草などを切ること」

ミゾゴイ

奈良時代から「おずめどり」

江戸時代前期から「ミゾゴイ」

によくいる、ゴイサギに似た鳥

ミゾは水田の用排水路、上下水路。

ゴイは養老律令制における衣服令で、五位の色である緋色。(浅緋)

ミソサザイ

奈良時代から「ささき」「さざき」

平安時代から「さざい」

室町時代から「ミソサザイ」「みぞさんざい」

人家の溝付近に棲むのでミソ

サザイは @ 些細な小鳥。

     A 韓国語のサザイ(小鳥によく付けられる)から。

サザイは栄螺(サザエ)と同義で、

ササ=狭い、小さい。

イ=家。

小さい家を持つ貝ということ。

ササは笹に通じ、常に狭いの意。

サザイと付くのは他に、シホサザイ(ヤブサメ)

オホサザイ(カヤクグリ)

ミソは溝。

人を恐れず民家の近くにも来る。溝のような場所にも飛来。

サザイはサザキ

ササは細かいもの、小さなもの。

キは鳥

溝サヘズリの略

ミソササアイ(視急小狭隙)

ミソカササクグリ(密笹潜)

ミソはヒソ()

サザイはササギの転

ミソはミソサザイが台所にも来ることから『味噌を求めて来る』

遊戯で大目に見られる幼児をミソッカス(みそっ滓)

乳歯を言うミソッ歯のミソと同様でちびっこの意。

古く、単にサザキとも言った。

ササは地鳴きのチャッチャッから。

ミフウズラ

ミフは足指が三本なので『三歩鶉』

琉球に生息するので、地名の『三府』から。

趾で、が美しい

ミヤコドリ

伊勢物語の都鳥は『しろき』でなく、『くろき』だとして江戸時代の鳥類学者北野鞠塢が命名し、『都鳥考』を発表。

(ミン)  海

(ヤオ) (餌などを)とる、得る。

()   貝

都鳥

優雅に見え、京を連想するから。

ミヤと鳴く小鳥

当時関東の庶民にとって、都とは東北を指していて、東北からやってくる鳥なので都鳥。

ミヤマガラス

江戸時代中期から「ミヤマガラス」

ミヤマ 山奥以外に、遠く離れた

少数飛来する珍しい冬鳥だったから。

ミヤマシトド

ミヤマ 山奥、遠く離れた

シトドはホオジロ類の古語。

すでにミヤマホオジロが存在するので古語が復活。

ミヤマシトド属なのでホオジロ属と区別した。

ミヤマホオジロ

江戸時代前期から「みやまほほしろ」

江戸時代中期から「ミヤマホオジロ」

ミヤマ 山奥以外に、遠く離れた

以前は、日本での繁殖が確認されていなかった。

ムギマキ

江戸時代中期から「こつばめ」

江戸時代後期から「ムギマキ」

麦蒔 日本では春と秋に通過する渡り鳥だが、春と秋でコースが異なり、秋に良く見られる。

秋の渡りが麦蒔きの時期。

()   かわいい

()   美しい

(マン)  美しい

()   黄色い

ムクドリ

群れで生活する群来鳥、群木鳥(むれきどり)

安土桃山時代から「ムクドリ」

ムクノキの木の実を好んで食べる鳥。

ムクノキの樹洞に巣を作る

ムクんだ鳥

フクラトリ(豊盈鳥)

『むくつけき鳥』説も。

江戸時代には出稼ぎに来た田舎者のことを『椋鳥』と呼び、あざ笑った。

ムラサキサギ

江戸時代から「せぐろさぎ」「やぼさぎ」

メジロ

室町時代から「メジロ」

メボソムシクイ

江戸時代中期から「めぼそむしくひ」

モズ

『モ』は鳴き声から。

『ス』は鳥の名に付く接尾辞。

鳴き声そのものでは無く、色々な声を真似するので、

モモ()のス()

鳴き声から「捩り」

百舌雄(ももしたおす)→もず

()ノサスの反

モモイロペリカン

繁殖期に桃色になる。

普段は白いので、英名はWhite Pelican

 

 

ホーム

鳥へぇ