な

 

ナキイスカ

元々はシマイスカ(嶋交喙)と呼ばれていたが、鳴交喙と誤記された。

シマは北海道のこと。

ナベヅル

のように煤けた黒さ。

ニュウナイスズメ

江戸時代中期から「にうないすずめ」

新しい穀物を新嘗(にいなめ)

人より先に新嘗を食べる鳥でニイナメ、転じてニュウナイスズメ。

未熟な稲の種子を好んで食べるという説も。

かつてニュウナイスズメは秋になると北方から大群で飛来して稲作に被害を与えた。

入内

内裏(だいり)に上がること

ニュウは黒子(ほくろ)のことで、雀のように頬に黒い斑がないので。

入内は、昔奥羽に流されて死んだ藤原実方の怨霊がこの鳥に乗り移り、内裏の食物を荒らしたという伝説から。

津軽領内に入内という地があり、ここで初めて捕獲された。

ノグチゲラ

長崎県出身、通訳として活躍した野口源之助氏が標本採集。

ノゴマ

江戸時代から「ノゴマ」「のごとり」

喉紅鳥(のごとり)→のご

コマドリに似ているのでノゴマに変化。

野にいるコマドリ

ノジコ

野地子、野路子、

野地 (草原)で見られるから。

ノスリ

野原の上を滑翔するので野擦り

他の鳥の獲物を横取りすることもある。

野生のスリでノスリ。

韓国では猛禽類にスリと付くものが多い。

野原の猛禽類で野スリ

他に、アビは韓国語でもアビ。

ツルはツルミ。

ノスリの古名はノセ。セはセウ(兄鷹)の略。従って野原に居る雄の鷹。

 

 

ホーム

鳥へぇ