縄張り

 

A

交尾、採食、繁殖のため、全区域が防衛されるもの。

B

食物の大部分はなわばりの外でとるもの。

C

求愛、交尾を行い、巣作りをしないもの。

D

巣だけが防衛されるもの。

E

冬のなわばり

F

休息場所のためのなわばり

 

鳥類の配偶関係

配偶システム

♂と♀の分散状態

子の世話

一夫一妻

資源防衛

♂又は♂♀が多目的な縄張りを防衛

♂♀

モズ

♂♀が営巣場所だけを防衛

♂♀

ミツユビカモメ

配偶者防衛

♂が♀を防衛

コハクチョウ

一夫多妻

資源防衛

♂が広い多目的縄張りを防衛し、その中で複数♀が排他的な営巣場所を防衛

♂♀

オオヨシキリ

♂が集中した営巣場所を防衛

♂♀

主に♀

ズグロウロコハタオリ

複縄張り制

♂が離れた場所に複数の営巣場所を防衛

♂♀

主に♀

マダラヒタキ

ハレム防衛

♂は単独営巣する♀の集団を防衛

タイリクキジ

一妻多夫

協同的

複数♂が1♀の縄張りを防衛

♂♀

ガラパゴスノスリ

資源防衛

♀が広い多目的縄張りを防衛し、その中で複数♂が狭い縄張りを防衛

マダライソシギ

多夫多妻

 

複数♂が一つの縄張りを防衛し、その中に複数の♀がそれぞれ狭い縄張り防衛するか、縄張り全体を共有して共同営巣

♂♀

イワヒバリ

ドングリキツツキ

乱婚

資源防衛

♂が餌を含んだ縄張りを防衛し、採餌に来た♀と交尾する

ミツオシエ

レック

♂が資源を含まない狭いディスプレイ場所を防衛し、♀は交尾のためだけに訪れる

キジオライチョウ

順次的複婚

順次的一夫多妻

♂が1♀を防衛し、一腹分産卵完了後にその♀を捨てて他♀を見つける

ヤマシギ

順次的一妻多夫

♀が1♂を防衛し、一腹分産卵完了後にその♂を捨てて他♂を見つける

アカエリヒレアシシギ

順次的一夫多妻

かつ

順次的一妻多夫

♀は1♂の縄張りで一腹分産卵するとその場所を去り、別の♂との間で産卵、♂が二羽目の♀を得、その♂が最初の♀の卵を抱卵している場合には二羽目の♀が抱卵

♂か

オジロトウネン

同時的一夫多妻

かつ

順次的一妻多夫

♀集団が一つの共同巣に産卵して1♂がその世話をし、♀集団はまた別の♂の巣で産卵

レア

 

縄張りを作って繁殖する鳥では、群れの中での順位に関係なく、

縄張りの持ち主が自分の縄張り内では侵入者よりも強い。

 

体重比1.33以下では共存しづらい。

 

 

 

機能

配偶

システム

食性

平均

所有者

交尾

営巣

採食

カイツブリ

0.1ha

つがい

一夫一妻

動物食

アマサギ

400u

独身♂

一夫一妻

動物食

2u

つがい

一夫一妻

オオハクチョウ

100ha

つがい

一夫一妻

植物食

サシバ

90ha

つがい

一夫一妻

動物食

トビ

5ha

つがい

一夫一妻

動物食

イヌワシ

70ha

つがい

一夫一妻

動物食

タイリクキジ

2.3ha

±

一夫多妻

雑食

オオライチョウ

1ha

乱婚

植物食

クロヅル

200ha

つがい

±

±

一夫一妻

雑食

ユリカモメ

11u

独身♂

一夫一妻

動物食

1u

つがい

一夫一妻

モリフクロウ

38ha

つがい

一夫一妻

動物食

ヨタカ

5ha

つがい

±

一夫一妻

動物食

ハチドリ

175u

個体

 

花蜜食

カワセミ

1km

つがい

一夫一妻

動物食

ヤツガシラ

80ha

グループ

一夫一妻

動物食

クマゲラ

500ha

つがい

一夫一妻

動物食

ヒバリ

0.5ha

つがい

±

一夫一妻

雑食

キセキレイ

0.4ha

つがい

一夫一妻

動物食

オオヨシキリ

830u

つがい

±

一夫多妻

動物食

シジュウカラ

1.8ha

つがい

一夫一妻

雑食

ホオジロ

1.7ha

つがい

±

一夫一妻

雑食

カワラヒワ

800u

つがい

 

一夫一妻

種子食

ヤブカケス

9ha

グループ

一夫一妻

雑食

 

 

直径(m)

縄張り面積

多くの小鳥

50150

アカゲラ

200

アカハラ

300

イヌワシ

100,000

ウグイス

200

ウソ

10

オオアカゲラ

1,500

カッコウ

400

カヤクグリ

25

カワガラス

川に沿って4001,100m

カワラヒワ

30

キジ

400

キジバト

150

コゲラ

400

コサメビタキ

100

シジュウカラ

100

ノジコ

70(さえずり)

120(共同食事場所)

ハシブトガラス

50100(貯食)

200400(採餌)

ハシボソガラス

80100(つがい縄張り)

500800(家族縄張り)

マミジロ

300

メグロ

20

 

複縄張り

ヨーロッパではキビタキの近縁種やムシクイ類、タヒバリ類、オオジュリン、ノビタキなど20種あまりで知られる。

日本ではセッカやクロツグミなどの一部の♂でそのような行動が見られる。

 

 

ホーム

鳥へぇ