産卵

 

カモメ

胸部と腹部に抱卵斑が三箇所できる。

一腹卵数も三個。

三卵を抱卵した場合は35度前後で安定しているが、

実験で四卵抱かせると、一卵だけ低温になってしまう。

ウミネコ

ニ卵(60%)

 

セッカ

巣立ち後、27日で産卵した例がある。

 

ホシガラス

実が不作だった年の次の年には産卵数が低下する。

人工的に餌を与えると低下が防げる。

 

猛禽類

餌は生きた動物なので、

天候などで何日も餌が取れないときがある。

雛の大きさが同じだと全滅の恐れが有る。

大きさに差があれば、大きな雛は生き延びる可能性が高い。

 

一日に二卵産む鳥はいない。

5日に一度、コンドル

67日に一度、アオツラカツオドリ

 

産卵の時間帯

昼行性では早朝が多い

アヒル

ピークは午前34

ニワトリ

午前中 25時間間隔、午後になると半日休む

ウズラ

午後2時から夕方

ダチョウ

夕方

ハト

夕方

産卵に要する時間

カッコウ

数秒

ガン類

2時間近い

 

産卵間隔

24時間

小鳥

25時間

一日おき

ハト、カモ、チドリ、ダチョウ

二日おき

サギ、カモメ、コウノトリ、アマツバメ

3.3

チュウヒ

五日おき

ノスリ

七日おき

カツオドリ類、サイチョウ

鶏の産卵間隔は、若いと長く、加齢に従い短くなる。

 

補充産卵

多くの鳥は抱卵前に巣から卵を抜き取ると追加産卵を行う。

卵を一つ追加すると、産卵数は一つ少なくなる。

一定数産卵

一回の産卵期に産む卵の数が決まっていて、卵が抜かれても増やさない鳥もいる。

(シギチ、アホウドリ、ヨタカ、カモメ、フラミンゴ、ハチドリなど)

キジ類、カモ類は1個の卵を除去されても追加しないが、一腹卵産んだ直後に全て除去すると、もう一度一腹卵を産み直す。

(再営巣卵)

 

資産繁殖者

貯えた栄養を卵に供給。

水鳥など。

日収繁殖者

卵形成のための栄養を、直接日々の食物から得る。

 

 

ホーム

鳥へぇ