シギチ

 

昔はシギとチドリをひっくるめて、大きいのをシギ、

小さいのをチドリと呼んだ。

 

田に棲む鳥の意味。国字

 

 

シギ

チドリ

大きい

小さい

小さい

大きい

頭かき

直接

間接

色々で特徴がある

簡単

地味

派手なものも

長い

形がいろいろ

柔らかい

短い

真っ直ぐ

硬い

小さい

大きい

長い

短め

足指

4

3

歩行

ゆっくり歩く

早足

採食場所

深い場所

浅い場所

餌探し

嘴を下げて歩く

嘴で探す

嘴を下げず歩く

目で探す

繁殖地

北半球に多い

南半球に多い

子育て

メス中心の種も

雌雄

卵数

4

4

歩き方

ウォーキング

ウォーキング

 

 

普通のシギ

ヤマシギ

初列風切羽

硬い

柔らかい

長くて先がとがる

短くて先が丸い

生息環境

開けた場所

森など

枝にぶつかっても折れない

 

嘴の先に特別な感覚器官があり、触覚で餌を探す。

嘴はメスのほうが長い

嘴端開閉

したんかいへい

シギ類の上嘴には支えになる骨が先端まで通じ、

嘴の元を閉じたまま、先端だけを開閉できる。

 

耳孔の位置

ヤマシギ亜科

嘴の基部に近い

眼より前

ジシギ類

嘴の基部に近い

眼の下

採餌中に地中の音を聞くのに有効。

触覚だけでなく、聴覚も採餌に使っている。

 

水際で採餌する種では、羽毛が濡れないよう長い脚を持つ。

 

足指

三趾

砂の上でも速く走れる

四趾

木につかまりやすいが歩くのにじゃま

 

千鳥足

採食行動がジグザグ

正面や真後ろから見ると、脚の着地が幾分内向き。

両脚を交差させているので、体が左右に揺れて見える。

 

砂地の上の虫などを捕らえるときに、

無関係の方向に行くと見せかけていきなり急襲する、

という説もある。

 

洋ナシ形の卵を四個産み、鋭端を内に向ける

この配置によって、卵と卵の間の隙間が無くなり、

抱卵する親鳥が卵を被う面積が最小になるので、

体の割りに大きな卵を効率良く暖めることができる。

 

 

タシギ

チュウジシギ

オオジシギ

全長(cm)

26

28

30

体色

 

暗色

淡色

長い

 

 

尾長

長い

 

 

尾羽枚数

1121

767

585

 

コチドリ

一日目

翼で窪みを作る(数個)

休み

第一卵産卵

休み

第二卵産卵

休み

第三卵産卵

窪み内に小石や植物の破片を搬入

第四卵産卵

四つの卵をきちっと型どおりに配置して安定させる。

巣は簡単な作りに見えるが、小石300700個、

植物材料(葉や茎の破片など)など100個ほど集めて作られる。

 

卵重7.5g(親の1/5の重さ)

第一卵から第三卵までは隔日に産卵するが、第四卵は翌日。

鋭端を中心に向かい合わせて配置。

 

コチドリ

113

夏羽への換羽

56

上面の一部換羽

69

冬羽への換羽

911

冬羽

 

アオアシシギ

尾羽は1628(20枚が多い)

アカアシシギ

昼は視覚に頼って逃げ足の速い餌(エビ類)をとり、

夜は触覚に頼り、あまり動かない餌(貝類)をとる。

アマミヤマシギ

ヤマシギとの相違点

羽色が濃い

翼が丸い

嘴が太くて長い

脚が太くて長い

踵が水平で脚が見える

飛び立つ時カモのような声を出す

エリマキシギ

秋に完全換羽、春に部分換羽、その後三回目の補足的な換羽で襟巻きができる。

襟巻きが黒いオスが優位。

オオジシギ

ジーエップ、ズビャークなどと鳴きながら、ガガガと音を立てて、翼をつぼめて急降下。

三枚の外側尾羽の間を空気が通り抜ける音(摩擦音)

ディスプレーフライトは一定の場所に集まって行われ、メスはその場所と関係なく巣を作る。

嘴峰長、ふ蹠長は雌が長い。

尾羽は成鳥では雄が長い。

尾羽が14枚の個体はメス

16枚の個体は75%がメス

18枚の個体はオスが83%

尾羽の枚数が増え、長くなると空気抵抗が増え音が大きくなったりして、雌を惹きつける。

尾羽が雄のディスプレイフライトに重要。

オオソリハシシギ

春に多く、秋は少ない。

秋の渡りは大陸コース。

雄の嘴は短い(メス11cm、オス8cm)

繁殖羽はオスの方が濃い。

コシギ

体を上下に揺する。

シロチドリ

繁殖期には、胸の色が赤褐色になる。

シギチの多くが四卵だが、シロチドリは三卵。

昼間より夜間により多く採食。

夜間でもよく見える目を持ち、主食であるゴカイ類が夜行性。

サルハマシギ

嘴の形、採餌方法はハマシギに似る。

ディスプレイの声や方法はアメリカウズラシギに似る。

ソリハシシギ

秋に多い

ソリハシセイタカシギ

セイタカシギと違い、水かきが発達。

ダイシャクシギ

ホウロクシギ

日本では一緒に見ることができるが、

繁殖地、越冬地共に別々。

ダイゼン

ムナグロより塩腺が発達。

ムナグロと違い、海岸近くでも見られる。

タゲリ

大きな声を出しながら、フラフラと宙返りを伴うディスプレィ飛行をする。

タシギ

繁殖期、舞い降りるとき、羊の鳴くような音を立てる。

尾羽を広げて急降下するとき、

尾羽の両側に突き出た二枚の羽が1秒間に11回の振動をする。

ジシギ類は胸筋が発達し、飛翔力が強い。

体重に占める胸筋の割合はシギチ中最大。

タシギでは体重の24.8%

タマシギ

一妻多夫で♀がきれい。

ナンベイタマシギは雌雄同色で一夫一妻。

チュウシャクシギ

英語で別名はセブンホイッスル

ホーイピピピピピピと七音節

 

普通のシギチは昼でも夜でも、潮が引いたときに

食事をするが、チュウシャクシギは昼だけ。

ツルシギ

春に多い

ハリモモチュウシャク

風切羽がいっぺんに生え変わるので、一時的に飛べなくなる。

ヒレアシシギ

水中の微生物を水滴と共に取り込む。

嘴の開閉で水滴輸送を行う。

ミユビシギ

江戸時代にはミユビシギもシロチドリと呼ばれていた。

ムナグロ

換羽は繁殖中に行う。(7月上旬)

(ダイゼンは繁殖後)

ヤマシギ

シギ類は、嘴の骨の先端に神経孔の数が多いが、ヤマシギは特に多い。

 

夜も餌を採る。

多くが干潮時に餌を採るが、干潮は一日に二回しかない。

昼だけでは餌が不足する。

 

一夫一妻

多くのシギチドリ類

一夫二妻

タゲリ、イソシギ、アオアシシギ

一夫一妻

一夫二妻

一妻多夫

 

コバシチドリ

 

タカ類は群れから離れた鳥を襲うので、

鳥たちは群れの内部に入ろうと最初に向きを変えた鳥に続く。

 

シギチドリ類 世界で217

シギ科の9割が北半球で繁殖。

高緯度で繁殖するものが多い。

長距離の渡りをするものが多い。

チドリ科は熱帯や南半球で繁殖するものが多い。

北半球の極地方で繁殖するものは一割以下。

それらは長距離の渡りをする。

チドリ目は主として動物食。

初列風切は11枚が多い。

 

個体数

春に多い種

ウズラシギ、オオソリハシシギ、オバシギ、キョウジョシギ、

ダイシャクシギ、ダイゼン、チュウシャクシギ、ツルシギ、

ハマシギ、ホウロクシギ、ムナグロ、メダイチドリ

秋に多い種

アオアシシギ、オグロシギ、キアシシギ、クサシギ、

シロチドリ、ソリハシシギ、カカブシギ、トウネン

 

メスの方が大きい種

ハマシギ、オオハシシギ、オグロシギ、オオソリハシシギ、ダイシャクシギ、タマシギ

 

 

直接

間接

頭掻き

レンカク科

タマシギ科

ツバメチドリ科

シギ科

ミヤコドリ科

セイタカシギ科

チドリ科

 

オオジシギの尾羽の枚数

尾羽の枚数

14

0

29(11.8%)

16

57(20.3%)

169(69.0%)

18

224(79.7%)

47(19.2%)

281

245

 

 

ホーム

鳥へぇ