巣

 

巣作り

♂も参加

エナガ、ムクドリ類、

カラス類、サギ類

♂が自分の存在を誇示するため、

一部または全部作る

ミソサザイ類、ツリスガラ類、ハタオリドリ類

♂が巣材集め、♀が巣作り

コサギ、ハト類

♂が外装を作り、♀が内装を作る

セッカ

主に♂が作る

タマシギ類、ヒレアシシギ類

巣らしい巣を作らない

チドリ類、サケイ類、ウミガラス類

 

古巣を利用する利点

巣作りの時間短縮

古巣を利用する欠点

寄生虫の危険性が高い

天敵に襲われた巣の場合、再び襲われる可能性が高い。

ヤマセミ 新しく作ると20日、古巣利用だと14

 

キツツキの巣穴

3.5cm

コゲラ

枯れ木(生木の枯れ枝)

3.7cm

コアカゲラ

枯れ木

4.5cm

アカゲラ

枯れ木 高さ56m

5cm

ミユビゲラ

 

アオゲラ

生木(内部は腐朽)、桜が多い。

桜類幹心腐病の桜は心材だけが腐朽する。丈夫な割りに掘りやすい。

5.5cm

オオアカゲラ

ヤマゲラ

主に生木 高さ13mほど

6.5cm

ノグチゲラ

 

12cm

クマゲラ

キタタキ

生木 真っ直ぐな高木

5年以上使用する

生木

掘るのは大変だが、丈夫で壊れにくい

枯れ木

掘るのは簡単だが、壊れやすい

細い木より太い木を好む

前面が開けた場所に巣を作る。

餌を採るための穴は輪郭がハッキリせず、ギザギザ。

 

クマゲラの巣

通直性(真っ直ぐに伸びた木)

樹齢250年のブナなどの高木

樹皮にコケが少なく、蔦のからまっていないほぼ平滑なもの。

平均樹高27m、胸高直径67cm、地上9m

穴の大きさ たて15cm、よこ10cm

谷側に向く(雨の浸入を防ぐ)

地上から巣穴まで枝が一本もない

地上から最初の巣作りはほとんど♂、仕上げは♀、一ヶ月以上。

掘る木片の量は30リットル。

枝の高さ(下枝高)12m

 

使用中の巣穴入り口は爪で削られ、白茶色をしている。

採餌

老木、枯れ木

ねぐら

生木、空洞化した半枯れ木

営巣

巨大生木

雛や卵の天敵

 アオダイショウ、テン

クマゲラの巣を利用するのはムササビ、モモンガ、ニホンヤマコウモリ、

オシドリ、ゴジュウカラ、ブッポウソウ、ハリオアマツバメ、

オオスズメバチ、ニホンミツバチ、アカヤマアリ

 

アカショウビンの巣穴(樹洞)

67cm

カワセミの巣穴

69cm

ヤマセミの巣穴

8.315cm

 

ショウドウツバメ

土の崖に穴を掘る(直径59cm、奥行き数十cm)

ツバメ

土、草などと唾液を混ぜる

建造物

リュウキュウツバメ

土、草などと唾液を混ぜる

建造物

イワツバメ

土、草などと唾液を混ぜる

建造物

コシアカツバメ

土、草などと唾液を混ぜる

建造物

アマツバメ

草、羽毛、海草に唾液を混ぜる

岩の隙間

ヒメアマツバメ

草などに唾液を混ぜる

イワツバメ、コシアカツバメの

巣の入り口に羽毛を付ける

元々、草原に生息し、岩壁や土の崖に営巣。

原始的な種(ショウドウツバメなど)は穴を掘る

泥巣を作るものほど進化。

ツバメ→イワツバメ→コシアカツバメと複雑化

 

アオサギ

鷺で一番大きい巣

丁寧な造り

アマツバメ

葉などの巣を唾液で固めて岩に付着させる。

イワヒバリ

高山の岩場

カワガラス

コケを使った巣で、ミソサザイの巣に似るが大きい。

カンムリアマツバメ

卵が一つ乗るだけの小さな巣。

オオセッカ

ヨシなどの地面近く。

ヨシの枯葉など。

オオタカ

巣の周辺に鳥の骨や羽毛が多い。

オオミズナギドリ

入り口 1525cm

奥行き 1.52m

カヤクグリ

高山の低木

キジバト

169個の巣、平均125本の枝が使われていた。

ケワタガモ

巣材に胸の綿羽を使う。

保温性にが高いので、抱卵時間が少なくてすむ。

コガラ

コゲラの巣穴に似るが、穴がきれいでない。

ゴジュウカラ

入り口に泥を塗ることが多い。

サメビタキ

サルオガセが付着

サンショウクイ

外側にウメノキゴケを貼り、コサメビタキの巣に似るが大きい。

セッカ

風の方向が一定の草原では草がたなびいている方向が入り口。

チゴハヤブサ

自分では巣を作らず、カラスやハイタカの巣を補修。

チュウヒ

ワシタカ類では珍しく、毎年新しい巣を作る。

地上に営巣する唯一の鷹

チョウゲンボウ

高さ6m15mが多い。

巣穴の向きは、横向きが90%

穴や棚が必要。

穴の大きさは1020cmが多い。

ツカツクリ

♂親は、落ち葉の量を調節し、巣の温度を33.5度に保つ。

直径12m、高さ5m

ツミ

針葉樹を好む。特にアカマツ。

トビ

巣材に布切れや手袋など人の使う物も利用する。

ニワシドリ類

オスが綺麗な種ほど東屋は質素。

地味な種ほど東屋は豪華。

オオニワシドリ

東屋は草の少ない場所に作り、ゴミも取り除く。

野火に遭っても、燃えずに残ることが多い。

ノスリ

巣の近くにネズミの毛のペリットが落ちている。

ハチクマ

オオタカやノスリの巣に似るが、営巣木の周りに蜂の巣が落ちている。

ハリオアマツバメ

樹洞、岩場の隙間

巣材はほとんど使わない。

ヒメアマツバメ

造巣期間が長い。

1歳のペアで約5ヶ月

2歳以上のペアで約2ヶ月

1歳のペアでは、巣作りだけで最初の年の繁殖期が終わってしまうこともある。

イワツバメやコシアカツバメの古巣を利用することが多い。

周年を通して、つがいのねぐらとしても利用。

ホオジロ

オスは巣造りを手伝わない

マガモ

ダウンが黒っぽい(カルガモは灰色)

ダウンの量がカルガモより多い。

メジロ

4050度の二又部分に吊り下げる。

ヤブサメ

内径54mm、深さ38mm

巣作りは♀のみ。

 

エナガの巣の羽毛数

最高

2,680

ドイツ(2巣の平均)

1,858

イギリス(6巣の平均)

1,558

日本

1,084

キジ類44%、ハト類17%、小鳥15%、カラス類7%

キジ類の羽毛は密な綿羽が占め、後羽が発達し、温かい。

小鳥の羽毛は風切羽や尾羽も使う。

小鳥以外では体羽、綿羽、雨覆だけ使う。

 

開放的な地上の巣の場合でも出入り口があり、

決まった所から出入りする。

 

巣の重さ(g)

メジロ

2.5

アナツバメ

(食材のツバメの巣)

4

カワラヒワ

8

エナガ

9

ヒバリ

10

ホオジロ

13

モズ

30

ヒヨドリ

40

キジバト

45

ツバメ

130

オナガ

250

タンチョウ

10,000

アメリカのチャスジアメリカムシクイの巣は、

春先の寒い時期に作る巣は4.68g

二度目の巣は3.8g

 

小さい鳥ほど体温の維持が困難なので、入念に巣作りを行う。

早成性の鳥では頑丈な巣を必要としないので、雑な巣が多い。

 

巣作り

オスが手伝う

オスは手伝わない

サギ

キツツキ

カワセミ類

モズ

エナガ

ムクドリ類

カラス類

シジュウカラ

ヤマガラ

 

巣材

水草

カイツブリ、カンムリカイツブリ、ヨシゴイ、オオバン、タマシギ

枯れ草

カルガモ、キジ、ケリ、イソシギ、ウミネコ、オオセグロカモメ、アマツバメ、ヒバリ、キセキレイ、セグロセキレイ、ビンズイ、ヒヨドリ、モズ、ノゴマ、ノビタキ、マミジロ、アカハラ、ウグイス、セッカ、オオヨシキリ、ホオジロ、アオジ、オオジュリン、カワラヒワ、スズメ

木の枝

カワウ、ミゾゴイ、ゴイサギ、アマサギ、コサギ、ダイサギ、アオサギ、ミサゴ、ハチクマ、オオタカ、サシバ、トビ、クマタカ、イヌワシ、カケス、カササギ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

木の葉

ライチョウ、ヤマドリ、ヤイロチョウ、コマドリ、アカヒゲ、クロツグミ、アカハラ、ヤブサメ、イイジマムシクイ

コケ

サンショウクイ、カワガラス、ミソサザイ、カヤクグリ、ルリビタキ、トラツグミ、クロツグミ、メボソムシクイ、エゾムシクイ、キクイタダキ、オオルリ、コサメビタキ、サンコウチョウ、エナガ、シジュウカラ科、オナガ、ホシガラス

 

(樹洞の利用)

キツツキ、フクロウ、アオバズク、コノハズク、アカショウビン、ブッポウソウ、シジュウカラ、ヤマガラ、ヒガラ、コガラ、キビタキ、ニュウナイスズメ

 

 

 

古巣を利用する種

カイツブリ目

なし

ミズナギドリ目

地中の穴で営巣するオオミズナギドリ、ヒメクロウミツバメなど

ペリカン目

カワウなど

コウノトリ目

ゴイサギ、ササゴイ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ

カモ目

オシドリ

タカ目

チュウヒ以外

キジ目

なし

ツル目

なし

チドリ目

ウミスズメ科の多く

ハト目

ドバト、キジバト

カッコウ目

なし

フクロウ目

フクロウ科全種

ヨタカ目

なし

アマツバメ目

ヒメアマツバメ

ブッポウソウ目

アカショウビン、ブッポウソウ

キツツキ目

アリスイ

ハヤブサ目

全種

スズメ目

樹洞営巣種の多く、ツバメ、リュウキュウツバメ、コシアカツバメ、イワツバメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

 

古巣の利用

メリット

デメリット

時間の節約

寄生虫が多い

良い場所を再び利用できる

捕食者に襲われた巣では、

再度襲われる可能性が高い

 

 

近所

 

ヒヨドリ

直径14cm 高さ7cm

地上25m

お椀型(産座が浅く、粗い)

ビニール紐を使う

 

キジバト

直径30cm 高さ8cm

地上210m

小枝 雑

皿型

 

オナガ

直径15cm 高さ7cm

地上28m

土も使用

 

 

ハシブトガラス

直径50cm 高さ30cm

針金ハンガーも使う

 

 

 

農耕地

 

ホオジロ

直径10cm 高さ7cm

藪の中

お椀型 

 

モズ

直径14cm 高さ8cm

地上12m

低い常緑樹の混じった茂み

お椀型

 

 

水辺

 

オオヨシキリ

直径11cm 高さ9cm

ヨシの茎にススキの葉で作る

お椀型

 

セッカ

直径17cm 高さ16cm

イネ科の葉

袋状

 

カルガモ

直径30cm 高さ5cm

草むら

葉を敷く

産座に自分の綿毛

皿型

 

 

 

メジロ

直径7cm

高さ4cm

木の枝の二股部分(吊り巣)

蛇から守る

コケも使う

クモの卵のうを使うことも

お椀型

 

サンコウチョウ

直径7cm 高さ8cm

枝のまた

コケなど

コップ型

 

エナガ

直径9cm 高さ13cm

木のまた

コケなど

球形

 

ウグイス

直径9cm 高さ13cm

地上1m

ササ藪

ササやススキの葉

球形

 

オオルリ

直径13cm 高さ15cm

地上12m

岩の隙間

コケ

お椀型

 

 

 

ホーム

鳥へぇ