鳥が食べる実

 

アオキ(アオキ科)

ヒヨドリ、ツグミ、ムクドリ

アカメガシワ

ヒタキ類、キジバト、キツツキ類、ツグミ類、ヒヨドリ、メジロ、ヤマガラ

アキグミ(グミ科)

ムクドリ、キジバト、ヒヨドリ

アケビ(アケビ科)

ヒヨドリ、メジロ

アコウ(クワ科)

アカハラ、シロハラ、ムクドリ類

アマミアラカシ(ブナ科コナラ属)

ルリカケス

イイギリ(ヤナギ科イイギリ属)

ヒヨドリ、カラス類、ツグミ、ハト類

イチイ(イチイ科カヤ属)

カケス、ツグミ類、ヒヨドリ、ムクドリ、ヤマガラ、レンジャク類

イチジク(クワ科)

オナガ、ヒヨドリ、ムクドリ

イヌザンショウ(ミカン科)

キジバト、ジョウビタキ、ハシブトガラス、メジロ

イヌツゲ(モチノキ科)

キジ、コジュケイ、ツグミ類、ハト類、ヒヨドリ、ムクドリ

イネ科

オカヨシガモ、コヒバリ、クサチヒメドリ、シマアジ、ベニヒワ、マガモ、ヨシガモ

イボタノキ(モクセイ科)

アトリ類、ツグミ類、レンジャク類

ウメモドキ(モチノキ科)

オナガ、キジバト、ジョウビタキ、ツグミ類、ヒヨドリ、メジロ

ウルシ(ウルシ科)

カラス類、キツツキ類、ツグミ類

エゴノキ(エゴノキ科)

ヤマガラ、アカハラ、オナガ、キジバト、ヒヨドリ、ムクドリ

エゾノコリンゴ(バラ科)

アトリ類、ツグミ類、ハト類

エノキ(アサ科エノキ属)

アトリ類、イカル、オナガ、カラス類、コジュケイ、シメ、ツグミ類、ヒヨドリ、ムクドリ、メジロ 

エンジュ(マメ科)

ヒヨドリ、ムクドリ

カエデ属

アトリ類、シジュウカラ類

カキノキ(カキノキ科)

ウグイス、オナガ、キツツキ類、スズメ、ツグミ類、ハト類、ヒヨドリ、ムクドリ、メジロ

カジイチゴ(バラ科キイチゴ属)

イイジマムシクイ

ガジュマル(クワ科)

シロハラ、ノグチゲラ、ハト類、ヒヨドリ類、ムクドリ類、ルリカケス

カナメモチ(バラ科)

カラス類

ガマズミ

(レンプクソウ科ガマズミ属)

キジ、キジバト、コジュケイ、ジョウビタキ、ツグミ、ヒヨドリ、ムクドリ、メジロ

カマツカ(バラ科)

アトリ類、レンジャク類

カラスウリ(ウリ科)

カラス、ヒヨドリ

カラスザンショウ

(ミカン科サンショウ属)

メジロ、イカル、ウグイス類、キジバト、ツグミ類、ヒタキ類、ヒヨドリ、ムクドリ

ガンコウラン(ガンコウラン科)

ライチョウ

カンボク(スイカズラ科)

ツグミ類、ヒヨドリ、レンジャク類

キヅタ(ウコギ科)

ヒヨドリ、ムクドリ、レンジャク類

キハダ(ミカン科)

イカル、ツグミ類、ヒヨドリ

クコ(ナス科クコ属)

ジョウビタキ、スズメ、ヒヨドリ、メジロ

クサギ(シソ科クサギ属)

ヒタキ類、メジロ

クスノキ(クスノキ科)

キジバト、ヒヨドリ、ムクドリ

クチナシ(アカネ科)

メジロ、シジュウカラ、ムクドリ、ヒヨドリ

クマノミズキ(ミズキ科)

キツツキ類、ツグミ類、ヒタキ類、ムクドリ

グミ属

ツグミ、ヒヨドリ、ムクドリ、メジロ

クロガネモチ(モチノキ科)

レンジャク類、ツグミ類、ハシブトガラス、ヒヨドリ

クワ科

ヒヨドリ

コナラ(ブナ科)

オシドリ、カラス類、ハト類

コブシ(モクレン科)

アオゲラ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ

コムラサキ(シソ科)

ウグイス、ツグミ類、メジロ

サクラ属

ムクドリ

サネカズラ(マツブサ科)

カラス類、ヒヨドリ、ムクドリ

サワラ(ヒノキ科)

アトリ、ヒガラ、マヒワ

サンゴジュ(スイカズラ科)

ムクドリ、カラス類、ヒタキ類、メジロ

サンシュユ(ミズキ科)

オナガ、ヒヨドリ、ムクドリ

サンショウ(ミカン科サンショウ属)

キジバト、シジュウカラ類、ヒタキ類、メジロ

ジャノヒゲ(キジカクシ科)

オナガ、ツグミ類

ジュズダマ(イネ科)

イカル

シュロ(ヤシ科)

ヒヨドリ

シロダモ(クスノキ科シロダモ属)

カラス類、ツグミ、ヒヨドリ

スギ(スギ科)

ヒヨドリ、アトリ、シジュウカラ類、マヒワ

スダジイ(ブナ科シイ属)

ヤマガラ、ルリカケス

ズミ(バラ科リンゴ属)

アトリ、カワラヒワ、ツグミ、ハト類、ヒヨドリ、レンジャク類

センダン(センダン科)

カラス類、ツグミ、ヒヨドリ、ムクドリ 

センリョウ(センリョウ科)

ヒヨドリ、オナガ、ジョウビタキ、ムクドリ

ソヨゴ(モチノキ科)

キジバト、コジュケイ、ツグミ、ヒヨドリ、ムクドリ 

タブノキ(クスノキ科)

オナガ、ツグミ類、ヒヨドリ、ムクドリ

タラノキ(ウコギ科タラノキ属)

メジロ、アトリ、ツグミ類、ヒヨドリ

タラヨウ(モチノキ科)

ヒヨドリ、カラス類、ムクドリ 

ツバキ(ツバキ科)

カラスバト

ツリバナ(ニシキギ科)

コガラ、ヒヨドリ

ツルウメモドキ

(ニシキギ科ツルウメモドキ属)

ウソ、オナガ、キジ、コジュケイ、ツグミ類、ヒタキ類、ヒヨドリ、レンジャク類

トウネズミモチ

(モクセイ科イボタノキ属)

ヒヨドリ、オナガ、カラス類、キジバト、ツグミ、ムクドリ

トベラ(トベラ科)

ヒヨドリ

どんぐり(ブナ科)

オシドリカケス

ナギナタコウジュ

ウソ

ナツグミ(グミ科)

オナガムクドリ、ヒヨドリ

ナツハゼ(ツツジ科スノキ属)

キジ、コジュケイ、ツグミ類

ナナカマド(バラ科ナナカマド属)

アトリ類、ギンザンマシコ、ツグミ類、ヒヨドリ、ムクドリ

ナンキンハゼ(トウダイグサ科)

アトリ類、キジバト、ツグミ類、ハシブトガラス、ムクドリ

ナンテン(メギ科ナンテン属)

ヒヨドリ、オナガ、コジュケイ、ジョウビタキ、ツグミ

ニシキギ(ニシキギ科)

キジバト、シジュウカラ類、ジョウビタキ、ツグミ類、ヒヨドリ、メジロ

ニワトコ

(レンプクソウ科ニワトコ属)

イイジマムシクイ、ウグイス、ツグミ類、ムクドリ

ヌルデ(ウルシ科)

アトリ類、キジ類、ツグミ類

ネジキ(ツツジ科ネジキ属)

ウソ

ネズミモチ(モクセイ科)

ヒヨドリ

ノイバラ(バラ科)

アトリ類、キジ類、レンジャク類

ノブドウ(ブドウ科)

アトリ類、オナガ、キジ、コジュケイ、ツグミ類、ヒヨドリ、メジロ

ハイマツ(マツ科)

ホシガラス、ギンザンマシコ

(マメ科ハギ属)

オオマシコ

ハクウンボク(エゴノキ科)

ヤマガラ

ハゼノキ(ウルシ科)

キツツキ類メジロ、ツグミ類

ハナミズキ(ミズキ科)

アオゲラ、アトリ科、オナガ、キビタキ、シジュウカラ、ツグミ類、ヒヨドリ、ムクドリ

ハマニンニク(イネ科テンキグサ属)

ユキホオジロ

ハンノキ(カバノキ科ハンノキ属)

アトリ類、シジュウカラ類、ホオジロ類

ヒサカキ(サカキ科)

メジロツグミ類、ウグイス、オナガ、カワラヒワ、キジバト、ヒヨドリ、ホオジロ

ヒマワリ(キク科)

カワラヒワ

ヒメコウゾ(クワ科)

カラス、ツグミ類、ヒヨドリ

ピラカンサ(バラ科タチバナモドキ属)

オナガ、ジョウビタキ、ツグミ類、ヒタキ類、ヒヨドリ、ムクドリ、レンジャク類

ビワ

ハシブトガラス

フユイチゴ(バラ科キイチゴ属)

ウソ、シロハラ、ルリビタキ、メジロ

ヘクソカズラ(アカネ科)

ヒタキ類、ヒヨドリ、メジロ

マサキ(ニシキギ科)

ジョウビタキ、ツグミ類、ハト類、ヒヨドリ、ムクドリ

(マツ科)

イスカ、ゴジュウカラ、シジュウカラ類

マツヨイグサ(アカバナ科)

ベニヒワ、マヒワ 

マユミ(ニシキギ科)

メジロコゲラ、オオアカゲラ、キツツキ類、キビタキ、ツグミ類、シジュウカラ類、ジョウビタキ、ヒヨドリ

マンリョウ(ヤブコウジ科)

ヒヨドリ、ツグミ、メジロ

ミズキ(ミズキ科)

ツグミ類、ヒタキ類、ムクドリ

ミズナラ

カケス

ムクノキ(アサ科ムクノキ属)

アトリ類、イカル、オナガ、カラス類、シメ、ツグミ類、ヒヨドリ、ムクドリ

ムラサキシキブ

(シソ科ムラサキシキブ属)

ジョウビタキメジロ、ウソ、オナガ、ウグイス、カワラヒワ、キジ、コジュケイ、ツグミ類、ヒヨドリ

メギ(メギ科)

カラス類、ツグミ類、ヒヨドリ

モッコク(サカキ科モッコク属)

シジュウカラメジロ、ツグミ類、ヒタキ類

モミジイチゴ(バラ科)

ウグイス、ツグミ類、メジロ

ヤシャブシ(カバノキ科ハンノキ属)

マヒワ

ヤツデ(ウコギ科)

コジュケイ、ツグミ、ヒヨドリ

ヤドリギ(ビャクダン科)

レンジャク類、ヒヨドリ、ムクドリ

ヤブコウジ(サクラソウ科ヤブコウジ属)

カケス、ジョウビタキ、ツグミ

ヤブムラサキ(シソ科ムラサキシキブ属)

ジョウビタキ、ヒヨドリ 

ヤマグワ(クワ科)

キツツキ類、ツグミ類、ムクドリ

ヤマザクラ(バラ科)

ツグミ類、ハト類、ムクドリ

ヤマハギ(マメ科)

アトリ類、ホオジロ類

ヤマハゼ(ウルシ科)

アオジ、コゲラ、シジュウカラ、ツグミ類、ハシブトガラス、ヒタキ類

ヤマブドウ(ブドウ科)

アカゲラ、エゾライチョウ

ヤマボウシ(ミズキ科)

オナガ、ムクドリ

ヤマモモ(ヤマモモ科)

ムクドリ、鳩、オナガ、ヒヨドリ

ユズリハ(ユズリハ科)

ヒヨドリ

ヨウシュヤマゴボウ(ヤマゴボウ科)

キジバト、ヒヨドリ、メジロ

ヨモギ(キク科)

ベニマシコ

 

アオゲラ

カラスザンショウ、コブシ、ハナミズキ、ホオノキ、マユミ 

アオバト

エノキ、柿、ガンコウラン、桜、ソヨゴ、どんぐり、ナナカマド、ナワシログミ、ニセアカシア、ニワトコ、ノブドウ、ヒサカキ、マユミ、ミズキ、ミツバウツギ、ヤマグワ、ユズリハ

アカゲラ

ヤマブドウ

アカコッコ

タブノキ、ハチジョウグワ

アカハラ

エゴノキ

アトリ

アキニレ、カナムグラ、スギ、ズミ、ナナカマド、ヒノキ

アトリ類               

エノキ、ナナカマド、ノブドウ、ムクノキ

イイジマムシクイ

カジイチゴ、ニワトコ 

イカル

クズ、エノキ、カラスザンショウ、キハダ、ジュズダマ、ヌルデ、ムクノキ 

イスカ

トウヒ、ハンノキ、(アカマツ、クロマツ、カラマツ)  

ウグイス

カキノキ、ヒサカキ、ムラサキシキブ

ウグイス類

カキノキ、カラスザンショウ 

ウソ

ウリハダカエ、ズミ、ツルウメモドキ、ナナカマド、ネジキ、ノリウツギ、フユイチゴ

ナギナタコウジュ

エゾライチョウ

ヤマブドウ

エナガ

カキノキ、ナンキンハゼ 

オオマシコ

アザミ、イタドリ、ズミ、

オカヨシガモ

イネ科 

オシドリ

どんぐり

オナガ

ウメモドキ、オナガ、エノキ、カキノキ、ジャノヒゲ、ツルウメモドキ、トウネズミモチ、ナンテン、ノブドウ、ハナミズキ、ヒサカキ、ピラカンサ、ムクノキ、ムラサキシキブ

カケス

イチイ、どんぐり、ヤブコウジ

カラス類

イイギリ、エノキ、トウネズミモチ、ムクノキ

カラスバト

シイ、タブ、ツバキ

カラムクドリ

クロガネモチ、ピラカンサ

カリガネ

メヒシバ

カワラヒワ

アブラナ、コノテガシワ、ズミ、ナナカマド、ヒマワリ、松、ムラサキシキブ 

キジ

イヌツゲ、ガマズミ、ツルウメモドキ、ナツハゼ、ヌルデノイバラ、ノブドウ、ムラサキシキブ

キジバト

イヌザンショウ、ウメモドキ、エゴノキ、ガマズミ、カラスザンショウ、ソヨゴ、トウネズミモチ、ニシキギ、ヒサカキ、ヨウシュヤマゴボウ 

キツツキ類

ウルシ、カキノキ、マユミ

キビタキ

ハナミズキ、マユミ

ギンザンマシコ

カンボク、ナナカマドハイマツ

ギンムクドリ

キヅタ、センダン、ナンキンハゼ、ホルトノキ 

クサチヒメドリ

イネ科

クマゲラ

カエデ、ツタウルシ、マツ

コイカル

エノキ、カエデ、ヌルデ 

コガラ

ツリバナ

コゲラ

アカメガシワ、マユミ 

ゴジュウカラ

コジュケイ

イヌツゲ、エノキ、ガマズミ、ツルウメモドキ、ナツハゼ、ナンテン、ノブドウ、ムラサキシキブ、ヤツデ

コヒバリ

イネ科

コムクドリ

ウワミズザクラ、エノキ、サンゴジュ、ミズキ

シジュウカラ

ナンキンハゼ、ハナミズキ、モッコク 

シジュウカラ類

ニシキギ

シマアジ

イネ科、タデ科

シメ

アキニレ、エノキ、エンジュ、オナモミ、センダン、ナナカマド、ムクノキ 

ジョウビタキ

イヌザンショウ、ウメモドキ、ガマズミ、クコ、センリョウ、トウネズミモチ、ナンテン、ピラカンサ、マサキ、マユミ、モチノキ、ムラサキシキブ、ヤブコウジ、ヤブムラサキ 

スズメ

イネ科、カキノキ、クコ 

ツグミ

ガマズミ、グミ属、ズミ、トウネズミモチ、ナンキンハゼ、ナンテン、ヤツデ、ヤブコウジ 

ツグミ類

アオキ、イチイ、イヌツゲ、ウメモドキ、エノキ、カキノキ、ツルウメモドキ、ナツハゼ、ナナカマド、ニシキギ、ノブドウ、ハナミズキ、ヒサカキ、ピラカンサ、マサキ、マユミ、ムクノキ、ムラサキシキブ、モッコク

トラツグミ

ウメモドキ、カキノキ、ヒサカキ、フユイチゴ、ヤマハゼ 

ナキイスカ

カラマツ

ノグチゲラ

アカメガシワ、ガジュマル、スダジイ、タブノキ、マテバシイ、ヤマモモ 

ハギマシコ

シラカバ、ヤシャブシ 

ハシブトガラス

イヌザンショウ、ウルシ、エノキ、クスノキ、クロガネモチ、コブシ、桜、ツタ、ツリバナ、ナンキンハゼ、ヌルデ、ヤマハゼ 

ハト類                  

イヌツゲ、カキノキ、ナンキンハゼ

ヒガラ

サワラ

ヒタキ類

アカメガシワ、カラスザンショウ、クサギ、サンショウ、ツルウメモドキ、ヒサカキ、ヘクソカズラ、ミズキ、モッコク 

ヒヨドリ

アオキ、アケビ、イイギリ、イチイ、イヌツゲ、ウメモドキ、エゴノキ、エノキ、ガマズミ、カキノキ、クコ、グミ属、クロガネモチ、クワ科、シロダモ、センダン、センリョウ、ソヨゴ、ツルウメモドキ、トウネズミモチ、ナナカマド、ナンテン、ニシキギ、ハナミズキ、ヒサカキ、ピラカンサ、ヘクソカズラ、マサキ、マユミ、ムクノキ、ヤツデ、ヤドリギ、ヤブムラサキ、ユズリハ、ヨウシュヤマゴボウ

ベニヒワ

イグサ、イネ科、カバノキ科、キク科、ハンノキ、マツヨイグサ

ベニマシコ

イヌタデ、ウツギ、エノコログサ、カラムシ、セイタカアワダチソウ、タラノキ、ハンノキ、イノコズチ、ママコノシリヌグイ、ヨモギ 

ホオジロ

ヒサカキ 

ホオジロ類

ハンノキ、ヤマハギ

ホシガラス

ゴヨウマツ、ツノハシバミ、ハイマツ、ブナ、ミズナラ 

マガモ

イネ科

マヒワ

スギ、ハンノキ、ヒノキ類、マツヨイグサ、ヤシャブシ 

ムクドリ

アオキ、イヌツゲ、ウメモドキ、エゴノキ、エノキ、ガマズミ、カキノキ、カラスザンショウ、グミ属、サクラ属、トウネズミモチ、ナナカマド、ハナミズキ、ピラカンサ、マサキ、ムクノキ

メグロ

ガジュマル、クサトベラ、ジュズサンゴ、パパイヤ

メジロ

アケビ、イヌザンショウ、ウメモドキ、エノキ、ガマズミ、カキノキ、クコ、クサギ、グミ属、クロバイ、タラノキ、ニシキギ、ノブドウ、ヒサカキ、フユイチゴ、ムクノキ、ムラサキシキブ、モッコク、ヨウシュヤマゴボウ  

ヤマガラ

イチイ、エゴノキ、スダジイ、ハクウンボク

ユキホオジロ

ハマニンニク

ヨシガモ

イネ科 

ライチョウ

アオノツガザクラ、ガンコウラン、コケモモ、コメバツガザクラ、ハイマツ 

ルリカケス

アマミアラカシ、イヌビワ、ガジュマル、クワズイモ、コバンモチ、スダジイ

レンジャク類

イチイ、ツルウメモドキ、ピラカンサ、ヤドリギ

 

アカメガシワ

キツツキ類、メジロ、ツグミ類、ヒタキ類

ツグミ類、ジョウビタキ、キツツキ類、メジロ

ガジュマル

ツグミ類、ムクドリ類、ハシブトガラス、ジョウビタキ

キハダ

ツグミ類、ヒヨドリ

グミ

ツグミ類、メジロ、ヒヨドリ、ムクドリ

クワ

ヒヨドリ、オナガ、ムクドリ、ツグミ類、レンジャク類

コシアブラ

ツグミ類、ヒヨドリ

コナラ

カケス、ハト類、オシドリ

サクラ類

ムクドリ、オナガ、ヒヨドリ、アカゲラ、アオバト

ナナカマド

レンジャク類、ツグミ類、アトリ類、ムクドリ

ナンキンハゼ

シジュウカラ、スズメ、エナガ、ハト類

ヌルデ

ツグミ類、アトリ類、キツツキ類、シジュウカラ

ハゼノキ

カラ類、ツグミ類

ハンノキ

ホオジロ類、マヒワ

イスカ、カラ類、ホシガラス、マヒワ

ミズキ

ムクドリ、ヒヨドリ、ヒタキ類、ツグミ類

ムクノキ

ムクドリ、オナガ、ツグミ類、アトリ類、ドバト

ヤマモモ

ムクドリ、ヒヨドリ、キジバト、スズメ

イチイ

アトリ類、ツグミ類、ヤマガラ

エゴノキ

ヤマガラ、キジバト

エゾノコリンゴ

ツグミ類、アトリ類、ヒヨドリ、ムクドリ

エノキ

ツグミ類、メジロ、アトリ類

カエデ類

アトリ類

カポック

ツグミ類、レンジャク類

キヅタ

レンジャク類

ケヤキ

カワラヒワ、アトリ

コブシ

ヒタキ類、アオゲラ

サルスベリ

カワラヒワ、マヒワ

サワフタギ

ヒタキ類、メジロ

サンゴジュ

メジロ、ヒヨドリ

サンショウ

メジロ、ヒタキ類

シロダモ

ムクドリ、ツグミ類、ヒヨドリ

カラ類、マヒワ

センダン

ヒヨドリ

タラノキ

ムクドリ、メジロ

タラヨウ

ヒヨドリ

ツルウメモドキ

ツグミ類、ヒヨドリ、ウソ

トウネズミモチ

ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミ類

ニシキギ

ツグミ類、カラ類、コゲラ、アトリ

ニレ

カワラヒワ、マヒワ

ニワトコ

ムクドリ類、ウグイス類

ノイバラ

アトリ類、ツグミ類

ハナミズキ

オナガ、ヒヨドリ、ツグミ類、シジュウカラ

ヒサカキ

マヒワ、カシラダカ

ヒメコウゾ

ムクドリ、オナガ

ピラカンサ

ツグミ類、オナガ、ヒヨドリ

ビワ

ムクドリ、メジロ、ヒヨドリ、ルリカケス

ホオノキ

キツツキ類、ヒヨドリ

マユミ

コゲラ、メジロ、オオアカゲラ、コガラ

ムラサキシキブ

メジロ、ヒヨドリ

モチノキ

ヒヨドリ、ツグミ

モッコク

メジロ、ヒタキ類、ヒヨドリ

ヤドリギ

レンジャク類、ヒヨドリ、ムクドリ

ヤマハギ

ホオジロ類、オオマシコ

ユズリハ

ヒヨドリ、メジロ

イイギリ

ヒヨドリ、ツグミ

イヌツゲ

ムクドリ、メジロ、ツグミ類、オナガ

イボタノキ

レンジャク類

ウメモドキ

ジョウビタキ、ツグミ類、ヒヨドリ

エンジュ

ムクドリ、ヒヨドリ、オナガ

カナメモチ

ヒヨドリ、ツグミ類、ジョウビタキ、メジロ

ガマズミ

ツグミ類、ジョウビタキ、ヒヨドリ、メジロ

カンボク

レンジャク類、ヒヨドリ、ツグミ類

クサギ

ハト類、メジロ

クチナシ

ヒヨドリ

ゴンズイ

イカル、ツグミ類

シャリンバイ

オナガ、ムクドリ

ズミ

アトリ類、ツグミ類、レンジャク類

ツルマサキ

ツグミ類、アオゲラ、ムギマキ

ナンテン

ヒヨドリ、ツグミ、ジョウビタキ、シジュウカラ、スズメ

マサキ

メジロ、ジョウビタキ

マンリョウ

ヒヨドリ、メジロ

 

アオキ

ヒヨドリ

イヌマキ

オナガ

ウツギ

ウソ、シジュウカラ

オオカメノキ

 

カクレミノ

ヒヨドリ

カマツカ

アトリ類、ヒヨドリ

キイチゴ類

メジロ、ヒヨドリ

クコ

ムクドリ、スズメ

クスノキ

ムクドリ、カラス類、ツグミ類

サネカズラ

メジロ、ヒヨドリ、ムクドリ

サルトリイバラ

 

サンシュユ

ヒヨドリ、オナガ

ソヨゴ

 

トベラ

ムクドリ、メジロ

ツリバナ

(ヒヨドリ)

ノブドウ

ヒヨドリ、アトリ類

パパイヤ

メジロ、メグロ、ヒヨドリ

ヒョウタンボク

 

ベニシタン

(ジョウビタキ)

メギ

ツグミ

モミジバフウ

マヒワ

ヤブコウジ

キジ

ヤマブドウ

エゾライチョウ、アカゲラ

ヤマボウシ

オナガ、ムクドリ、メジロ

 

アオキ

水っぽくて、少し渋みがある

アカメガシワ

味がない

イイギリ

味がない

イチイ

果肉は甘い

アトリ類やヤマガラは果肉部分は捨て、中の種子を食べる。

ツグミ類は実そのものを丸呑み。

イヌツゲ

少し甘みを感じる

イヌマキ

赤い部分は甘くて大変おいしい

イボタノキ

少し苦みがある。ざらつく感じ

ウメモドキ

味がない

エゾノコリンゴ

渋みが強い

エノキ

干し柿のよう

アトリ類は、果皮を取り除き、種子を食べる

エンジュ

苦みを感じる

オカメノキ

苦みを感じることがある

甘柿より渋柿を好む

ガジュマル

味がない

カナメモチ

味がない

カポック

甘みがある

ガマズミ

多少の渋みがある

カマツカ

わずかに苦みがある

キイチゴ類

甘酸っぱくておいしい

キハダ

胃腸薬らしく、苦い

クコ

甘みがある

クサギ

味がない

クスノキ

樟脳のような味と、微かな甘み

クチナシ

苦みを感じる

グミ

ナツグミは完熟すると甘くておいしい

アキグミは渋い

クワ

甘くておいしい

コシアブラ

苦みがあり、まずい

コブシ

不快な香りと、渋みがあり、ピリッとした

二色効果

赤い種皮は果実と糸でつながっていて、鳥が食べるまで落ちない。

サクラ類

苦みと甘みがある

サネカズラ

後味が良くない

サルスベリ

味がない

サワフタギ

味がない

サンシュユ

ほのかに甘くおいしい

サンショウ

辛みがある

シャリンバイ

少し渋みがあり、不快な感じ

ズミ

渋い

センダン

厭な味

タラノキ

甘みがあるが、渋みもある

タラヨウ

味がない

ツリバナ

熟す前のホオズキに似ている

トウネズミモチ

味がない

トベラ

ねばねばしてまずい

ナナカマド

味がない

ナンテン

青臭さがあり、渋みがない、熟していないリンゴのよう

ニシキギ

味がない

ヌルデ

酸味のある塩辛い味がする

ノイバラ

甘みがある

ハゼノキ

味がない

ヒサカキ

結構甘い

ヒメコウゾ

甘いが、べとつくし、とげとげしい。

ビワ

栽培種は甘くておいしいが、それ以外は渋いものが多い

ホオノキ

香りと、べとつき感があり、味は無い

マンリョウ

青臭さがある

マユミ

味はほとんどしない

ミズキ

味は無く、舌がピリッとする

ムクノキ

とてもおいしい

モチノキ

味がない

ヤドリギ

甘く、一瞬おいしいと感じるが、その後は口の中がベトベト

ヤマハギ

味は無い

ヤマモモ

甘酸っぱくておいしい

ユズリハ

味は無い

 

 

 

水分

%

カルシウム

mg

カリウム

mg

マグネシウム

mg

mg

ビタミンC

mg

イチイ

72.7

11

76

5

 

35

82.8

63

275

6

0.5

14

ガマズミ

75.5

76

91

19

 

1

キイチゴ

85.8

52

94

27

1.4

12

クルミ

19.9

62

320

270

10.5

4

コナラ

39.7

21

567

67

23.1

48

コバノガマズミ

81.3

90

16

87

 

 

サルナシ

94.5

19

70

8

0.4

34

シバグリ

46.8

26

404

80

3.0

15

スグリ

88.0

40

180

19

0.8

7

スダジイ

 

62

390

 

0.9

110

トチノキ

47.0

10

572

62

2.0

3

ナツグミ

88.1

6

107

11

0.6

 

ナナカマド

80.4

146

361

39

0.9

94

ノイバラ

53.1

210

164

21

 

 

ハマナス

79.4

40

239

35

 

62

ヒマワリ

 

81

750

 

3.6

 

ヒメリンゴ

84.7

20

7

11

 

14

 

15

620

 

6.2

 

ミヤママタタビ

82.4

103

98

14

 

25

ヤマブドウ

80.2

125

341

30

1.5

8

ヤマボウシ

75.4

64

86

10

 

11

ツチアケビ

81.1

16

397

13

0.3

13

 

 

カロリー

Kcal/100g

水分

%

タンパク質

%

脂質

%

繊維

%

炭水化物

%

灰分

%

糖類

%

タンニン

%

アラカシ

235

41.1

1.8

1.9

0.9

 

1.6

52.7

4.4

イチイガシ

252

37.6

1.6

2.1

0.8

 

1.2

56.7

1.2

オニグルミ

672

7.0

23.8

59.3

 

7.3

2.7

 

 

カヤ

612

6.7

12.2

58.3

 

20.0

2.8

 

 

クヌギ

202

49.3

2.1

1.9

1.2

 

1.3

44.2

1.3

クリ

180

55.0

3.1

0.5

 

40.6

0.8

 

 

コナラ

284

28.1

2.9

1.7

1.2

 

1.9

64.2

4.8

ゴヨウマツ

728

4.1

17.2

67.0

 

9.4

2.3

 

 

シラカシ

236

40.7

1.8

2.0

1.1

 

1.7

52.7

4.5

スダジイ

249

36.6

2.3

0.5

0.7

 

1.0

58.9

0.1

トチノキ

369

14.3

3.1

6.1

 

75.4

1.1

 

 

ブナ

524

12.5

25.2

39.1

 

19.2

4.1

 

 

マテバシイ

236

39.9

2.5

0.7

0.9

 

1.2

54.8

0.5

ミズナラ

287

26.2

4.6

1.1

1.4

 

2.1

64.6

6.7

 

有毒な木の実

イチイ

 

有毒成分タキシンを含む。

英語のtoxin(毒素)はイチイが語源。

哺乳類には有毒だが、一部の鳥類には無毒。

エゴノキ

ヤマガラ

果皮には有毒なエゴサポニンを含む(10%)

ヤマガラは果皮を取り除いて、中の種子の胚乳を食べる。

シキミ

 

誤食すると24時間で嘔吐、痙攣、発作などの神経障害症状、死に至ることも。

 

日本で唯一劇物として法規制を受ける。

実を持つだけで違法。

トウゴマ

 

人の半数致死量は8

誤食すると嘔吐、下痢、幻覚、痙攣、死に至ることも。

化学兵器の元になるので、国際的に規制されている。

ドクウツギ

 

日本三大毒草の一つで猛毒。

未成熟の果実は特に毒が強い。

果肉を食べるだけなら無毒という説も。

鳥などによって種子散布される。

肥大した花被が被食部になり、果実が排出される。

果実や種子には速効性のあるコリアミルチン、ツチンが含まれる。

誤食すると30分〜3時間でめまい、異常興奮、麻痺。

重症化すると全身まひ、昏睡、死に至る。

低木で、果実は甘いので、子供が食べて事故になる。

ヨウシュヤマゴボウ

 

種子にフィトラッカトキシン、フィトラキゲニンなどの有毒成分。

果肉には毒性は無く、鳥が種子散布する。

 

 

イヌビワ

インドゴムノキと同属

クロマメノキ

ナツハゼ

ブルーベリーと同属

生食可

サルナシ

キウイフルーツと同属

シナサルナシから品種改良されキウイフルーツができた。

タブノキ

アボカドに近い。

アボカドと同じワニナシ属に分類されることもある。

ハシバミ

ツノハシバミ

ヘーゼルナッツと同属。

おいしい。

 

 

 

短径

(mm)

鳥類

哺乳類

 

アオキ

12

 

 

口の大きなヒヨドリがターゲット。

大きな種は暗い林床で生きるのに有利。最初から大きな双葉を広げ、少々の光不足にも我慢できる。

アオツヅラフジ

7

 

 

紫外線を反射

アルカロイドを含み、有毒

アカメガシワ

3

 

 

メジロからカラスまで

種子は外皮に油分を含む。

アキグミ

8

 

 

甘く熟すが渋い、でも渋みは口に残らない。

イイギリ

10

 

 

苦くて悪臭があり、とてもまずい。1月半ば頃になるとヒヨドリの群れが食べ尽くす。

イシミカワ

8

 

 

 

イチイ

10

 

 

赤い部分は仮種皮で、甘く食べられる。

中の種はアルカロイドを含み有毒だが、ヤマガラの好物。

哺乳類には食べさせない。

イヌビワ

18

 

 

鳥、猿

イヌマキ

10

 

 

種本体は、歯に噛み砕かれやすい形状なので、鳥がターゲット。

エゴノキ

7

 

 

種子は油脂に富む。果皮はサポニンを含み、えぐみがある。ヤマガラ

エノキ

7

 

 

熟度により色を変え、鳥に熟果を知らせる。

エンジュ

7

 

 

食感はグミキャンディーのよう。渋いがほのかに甘い。

ヒヨドリなど

オニグルミ

40

 

 

リス、アカネズミ

ガマズミ

5

 

 

爽やかな酸味があって食べられる。霜に当たる頃には甘みも増す。

カヤ

18

 

 

種子は熟しても緑色で、樹下に落ちる。

仮種皮を目的に丸ごと食べるのは熊、テン、狸

硬い殻の中身が目当てなのはネズミ。殻の中身は油脂に富み、人が食べてもおいしい。

カラスウリ

30

 

 

角ばる種子は、とろける果肉にくるまれ、のどに滑り込む。

カラスザンショウ

3

 

 

種子の表層に油脂を豊富にもつ

キヅタ

7

 

 

 

クコ

6

 

 

甘みとやや苦味がある。

クサギ

6

 

 

二色効果

クサボケ

30

 

 

種は硬くて稜がある。哺乳動物の歯の間をすり抜ける。

クスノキ

10

 

 

スパイシーで、人が食べると美味しくない。

クチナシ

15

 

 

果皮や果肉にカロチノイド色素を豊富に含む。ヒヨドリ

クヌギ

20

 

 

ネズミ

ケンポナシ

 

 

 

枝ごと落下するので、落ち葉の底に沈まない。

レーズンの味と香り。狸、テン

コナラ

12

 

 

リス、アカネズミ、ヒメネズミ、カケス

コブシ

8

 

 

二色効果

不快な香りと、渋みがあり、ピリッとした

赤い種皮は果実と糸でつながっていて、鳥が食べるまで落ちない。

ゴンズイ

4

 

 

トキリマメと同じ、二色効果。

サネカズラ

8

 

 

 

サルナシ

10

 

 

熟しても色は変わらない。

甘い香りで、嗅覚の発達した哺乳類を呼ぶ。

キウイに似て甘く美味。たくさん食べると苦痛になる。果肉中にたんぱく質分解酵素で舌の味蕾がやられてしまう。種を数回に分散させるため。

種は小さく、猿や狸、テン、熊の歯の間をすり抜ける。

サンゴジュ

7

 

 

実は赤から黒に色付く。

赤い実は硬くて渋い、黒い実はジューシーで甘酸っぱい。

シバ

 

 

 

シカ

ジャノヒゲ

10

 

 

青い皮は種皮で、厚さ1mm シロハラ

シャリンバイ

12

 

 

実は、大きなものでは短径15mmと、鳥が丸呑みできる限界サイズ。

調査報告では、猿も食べるが、種子が大きくて種皮が薄く、哺乳類の歯に噛み砕かれてしまう形状。自生地で食べるのはイソヒヨドリか。

シュロ

10

 

 

ヒヨドリ

センダン

10

 

 

かすかな甘みと苦く、えぐい。有毒成分を含む。人気がない

ヒヨドリ、ムクドリ 

センリョウ

5

 

 

メジロなど

チョウセンゴヨウ

 

 

 

ホシガラス、エゾリス、アカネズミ

ツタ

5

 

 

日の当たる高みに場所を確保すると、短枝を出して柄の長い大きな葉と同時に花や実をつけるようになる。成長から繁殖へと切り替え種を送る。

ヒヨドリやジョウビタキが食べるが、人にはえぐみが強く、のどが痛くなる。

ツノハシバミ

 

 

 

リス、ネズミ

ツルウメモドキ

8

 

 

種子を包む果肉状の仮種皮が赤い。ほのかな甘みと苦味、えぐみ。

トキリマメ

5

 

 

二色効果で鳥をだます。

ドクウツギ

7

 

 

赤い未熟果は猛毒。黒く熟す。

黒い実は、青臭さく、甘くジューシー。果肉と見えるのは多汁質の花弁

トチノキ

35

 

 

デンプンを豊富に含む。リス、ネズミ

トベラ

3

 

 

下向きに裂けても落ちないのは粘液質にまみれているから。

ナナカマド

7

 

 

青酸化合物のアミグダリンや、苦味物質も多量に含んでいる。鳥も少量ずつ食べる。

鳥が実を食べるのは2月頃

ナワシロイチゴ

10

 

 

柔らかくておいしい

ナンキンハゼ

7

 

 

仮種皮の主成分はロウで、冬場の貴重なカロリー源

ヒヨドリ、キジバト

ナンテン

8

 

 

複数の有毒成分を含む。

ニシキギ

4

 

 

朱色の仮種皮は、オイルを豊富に含み、高カロリー

ネズミモチ

5

 

 

ほのかな甘みと苦味がある。鳥に人気があり、早い時期に食い尽くされる。

トウネズミモチとは、タネの形が違う。

ノイバラ

5

 

 

酸っぱくて渋い。リンゴに似たさわやかな香り。霜に当たると少し甘くなる。

ノササゲ

4

 

 

紫外線は反射しない

ノブドウ

6

 

 

ブドウに似た食感で、ほのかに甘い

ハイマツ

 

 

 

ホシガラス、シマリス

バオバブ

150

 

 

象、猿

ハゼノキ

5

 

 

未熟果はかぶれ成分を含む。熟せば消失

ロウが多い

カラス、キツツキ、カラ類

ハナイカダ

9

 

 

甘酸っぱくておいしい

ハナミズキ

10

 

 

甘みもなく、ひたすら苦い。熟した後も地面に落ちない。鳥専門。

ヒサカキ

7

 

 

地面に落下した種子の75%が、鳥の胃を経たもの

シロハラ、ヒヨドリ、メジロ

果皮は、発芽阻害物質を含む。

ヒメコウゾ

10

 

 

ヒヨドリなど

ヒヨドリジョウゴ

 

 

 

ソラニンを含み、有毒

ヘクソカズラ

5

 

 

果肉はマーマレード状で、苦味はあるがほんのり甘い。しいなはカサカサで、まずい。

ヒヨドリ

ヘビイチゴ

6

 

 

毒はないが無味

マムシグサ

6

 

 

かすかに甘いが、人には有毒。 ジョウビタキ

マユミ

5

 

 

仮種皮はオイルを豊富に含む。アルカロイドを含み、人には有害。

マンリョウ

6

 

 

ヒヨドリ、メジロ、ツグミ 鳥に不人気

ミズナラ

 

 

 

カケス、アカネズミ、エゾリス、シマリス

ミツバアケビ

50

 

 

種子は稜があり、獣の鋭い歯を避けて胃に滑り込む。

ムクノキ

10

 

 

エノキより大粒で、落下しやすく、レーズン臭も強い。主に猿、狸など哺乳類か。

ムクロジ

16

 

 

油脂を含む

ネズミ

ムベ

 

 

 

果皮の内側に硬い組織があり、動物はあまり噛まずに飲み込む。

ムラサキシキブ

3

 

 

実が小粒で、メジロの口にもたやすく入る。

モミジイチゴ

10

 

 

甘くておいしい

ヤツデ

6

 

 

 

ヤドリギ

8

 

 

レンジャク類

ヤブツバキ

80

 

 

げっ歯類による貯食散布

ヤブミョウガ

5

 

 

果皮は紫外線を反射する。

ヤマグワ

13

 

 

黒と赤の二色効果で鳥を呼ぶ。

落下後は狸などが食べる。

ヤマボウシ

20

 

 

マンゴーに似てとろりと甘い。甘い熟果はすぐ落下。哺乳類にも適応。

ヤマモモ

20

 

 

ヒヨドリ、鳩、ニホンザル

小鳥には食べにくい大きさ。

猿は一回の訪問でヒヨドリの20倍以上を食べる。

ヨウシュヤマゴボウ

8

 

 

赤い果軸と、黒紫の実の二色効果で鳥の目を引き付ける。

有毒成分、フィットラッカトキシン

人が誤食すると頭痛、嘔吐、下痢、意識障害。半数致死量は一房。LD50=3mg/kg

 

就塒前集合地で得られた種子

ムクドリ

カラス類

ナンキンハゼ

10,123

ウルシ属

6,346

センダン

5,434

クマノミズキ

1,271

クスノキ

1,468

トウネズミモチ

821

トウネズミモチ

1,228

ナンキンハゼ

474

カキ

245

ヤマモモ

383

ヤブニッケイ

147

グミ属

360

エノキ

71

クスノキ

139

 

可食部分の栄養

 

粗たんぱく質

粗脂肪

粗繊維

粗灰分

その他

水分

ヤマハゼ

4.3

42.3

30.2

1.7

16.7

4.8

ハゼノキ

4.1

36.1

34.3

1.4

18.7

5.4

ヌルデ

5.1

29.0

17.1

2.8

33.8

12.2

ヤマウルシ

4.6

2.3

44.3

1.8

38.5

8.7

カラスザンショウ

8.1

4.9

22.3

3.6

38.9

22.2

ナンキンハゼ

4.5

3.5

37.6

5.9

36.3

12.2

 

 

ホーム

鳥へぇ