スズメ

 

漢字名

尾の長いものを『鳥』、

尾の短いものを『隹』と書き分けた。

雀は小さくて尾が短いトリ。

 

分類

日本鳥類目録改訂第三版(1942)

スズメ科(現在のアトリ科)

日本鳥類目録改訂第四版(1958)

キンパラ科

日本鳥類目録改訂第五版(1975)

ハタオリドリ科

日本鳥類目録改訂第六版(2000)

ハタオリドリ科

日本鳥類目録改訂第(2012)

スズメか

 

いない場所

小笠原諸島

無人島、廃村、原生林、

一部の山村、離れ島

人が住まない場所にはいない。

人家の密度とスズメの個体数に正の相関がある。

人家が20軒以上ないと巣を作らない。

20つがい集まらないと繁殖できない。

沖縄本島から390km離れた大東島では人が住むようになってから、

スズメも住み着いた。

青ヶ島には人もスズメもいる。

1,200km離れた小笠原には、人は住むが、スズメはいない。

人がいるのにスズメがいない、数少ない場所。

推定個体数

1,800万羽

900万つがい

秋は4,500万羽?

 

留鳥?

成鳥の大部分は留鳥

小さな群れ、建物などをねぐらとする。

一部の成鳥は一定地域に留まらず、都市部と農村部を、繁殖と越冬のために移動。

大きな群れ、都市の街路樹などをねぐらにする。

親の縄張を追い出された若鳥は群れで放浪。

出生地から300km以上の移動が確認されている。

成鳥にも100km以上移動する個体が知られている。

 

営巣形態

開放営巣

隙間営巣

開けた樹上に営巣

隙間に営巣

熱帯アフリカのスズメ類に多い

スズメ

いずれの営巣形態でもスズメ類はドーム型の巣を作る。

隙間を利用してもなおかつドーム型の巣を作るのは、

隙間営巣の習性は最近獲得したものであり、

開放営巣が本来の営巣形態であることを示す。

 

産卵

毎日一個ずつ、56

最後の卵は斑点が大きく模様が違う。(止め卵)

暗い穴の中なのに白くない。大昔は樹上に皿状の巣?

抱卵

雌雄で抱卵するが、メスの方が多い。(♀:♂=101)

夜はメスが抱卵するので、その前後はメスの離巣時間が長い。

メスの離巣時はオスがカバー。

オスには抱卵斑は無い。

抱雛

孵化後78日まで。

餌運び

♀は♂の3

夜間

繁殖期、メスは巣内で寝るが、オスは別の場所で寝る。

雌雄

繁殖期の♀には抱卵斑が出来、腹部中央に筋が見える。

繁殖

年二回(35%)

巣作り(10)、抱卵(12)、巣立ちまで(14)、巣立ち後の給餌(10)

オスは縄張に他のメスが来ても攻撃しない。

幼鳥にも攻撃しない。

 

孵化後間もなくは、ヒナの消化能力が不十分なので、

糞に栄養が残っているので、親が食べる。

日が経つとくわえて捨てる。

 

尾長(mm)

幼鳥

47

成鳥

55

 

スズメ

アフリカで発生、人の移動と共に地中海地方に進出、

農耕文化の伝播に伴いユーラシア大陸に広がり、種分化した。

日本には稲の伝播に伴い大陸からやって来た。

ヨーロッパではスズメが先に住み着き、

後から来たイエスズメにより、森に追いやられた。

体に酸素を取り込む能力が高いオスほど、頬の斑点が大きい。

さえずりは『チュイーン』

イエスズメ

エジプトから麦作文化と共に中央アジア、

ヨーロッパへ広がった。

シベリア開発に伴い東進した。

1990年、北海道の利尻島で♂と若が確認される。

スズメより低い声で、チーップ、チシッと鳴く。

嘴はスズメと同様で成長は黒、若鳥は黄色。

雄のイエスズメは胸の黒斑が濃くて大きいほどもてる。

飢餓に備え冬は体重を増やすが、捕食者であるハイタカがいる地域では体重を変化させない。

これは体重が軽いほうが逃げやすいから。

抱卵期間は鳥類最短の10

年四回繁殖することも。

英語でfeathered mouse羽ネズミとも呼ばれる。

米国では法律で保護されない唯一の鳥。

ニュナイスズメ

日本ではスズメより先に生息していたが、スズメに追いやられた。

 

分布はスズメとは100%近く重なるのに、

イエスズメとはほとんど重ならない。

 

 

体重

体重の重いものほど強い。

イエスズメ

29g

ヨーロッパでは家の周りにいるのがイエスズメ。

スズメは森に行かなければ会えない。

ニュウナイスズメも他のスズメがいない所では

人の近くに生息。皆、人の近くが好きみたい。

スズメ

25g

ニュウナイスズメ

18g

 

アフリカ大陸中部から南部に生息するハイガシラスズメが、日本のスズメに最も近い。

スズメ属15種中、雌雄同色なのはスズメとハイガシラスズメだけ。

スズメ属で♂の喉が黒いのは、15種中13種。

♀で喉が黒いのはスズメだけ。

韓国のスズメは日本と同じ亜種だが、北朝鮮の亜種は別亜種。

 

平均巣立ち率

スズメ

46.4%

ニュウナイスズメ

26%

 

スズメの体重

誕生直後の雛

1.82.1

巣立ち雛

20.3

成鳥

25

 

最高寿命(飼育下)

53か月

1310か月

 

着たきりスズメ

羽は一年中殆ど変わらないが、

黒い嘴の色が8月頃に口角部分が淡色になる。

換羽

7月下旬〜9月下旬

白くくっきりする。

頬と喉の黒が目立つ。

初列風切9 次列風切6 三列風切3     尾羽12

初列大雨覆8 次列大雨覆11 小翼羽3 手根骨羽1

 

害鳥?

1954年、中国でスズメの大規模な捕獲作戦を展開、

まもなく中国では凶作に見舞われた。

スズメの獲り過ぎにより、虫が大発生した。

農薬の無い江戸時代には『四害六益』といわれ、害虫駆除の貢献度が高く評価されていた。

 

飛行

6回の羽ばたきを0.3秒続け、次に翼を0.3秒折りたたむ。

無飛力のスズメ目の鳥はいない。

 

巣材として青葉を運ぶ

スズメ

ニュウナイスズメ

♂♀

 

年間捕獲数

1962年の750万羽がピーク。

 

 

ホーム

鳥へぇ