回文川柳

今害は 無いが苦いな 胚芽米

快活な ニキビのビキニ 夏開花

顔乗るは クサキリ気さく 春の丘

学童も さすが逃がすさ 猛毒蛾

核武装 核か非核か うそぶくか

格安な キズ有る小豆 ナス焼くか

枯葉舞い 由布の湯の冬 今晴れか

草摘みか 並ぶアブラナ 過密咲く

草萌えや 花見か皆は 八重も咲く

悔やむとも 舞いたい大麻 求むヤク

決断の 胃がん心外 飲んだツケ

このビキニ ナウいと言うな ニキビの子

酒屋ミス 改定定価 速やかさ

酒だ酒 禁酒新規 今朝だけさ

下げに行く 呼んでも出んよ 食い逃げさ

砂糖足す 今味甘い スタウトさ

信濃路の 今味甘い 野路の梨

地味もいい 庭先沢に いいモミジ

白雲の リヨンどんより 野も暗し

進学は コネかな金子 白眼視

心外は ガン医の因果 肺ガン死

新殿下 イラク落雷 感電死

隙あると とっさにサッと 盗る空き巣

諏訪湖北 モスラ暮らすも 滝壊す

駿台が 疎き適当 ガイダンス

セミのどか すだれ売れ出す 角の店

早退か 細工得意さ 書いた嘘

足熱器 中に何かな キツネ糞

大抵は 庭に矢庭に 吐いていた

手ごわいよ 勝てん先手か 良いわ後手

遠野来た 期待良い滝 滝の音

西ハワイ 鳥らズラリと 岩端に

人相の 悪いの居るわ 農村に

ミスのワニ 泣くなよ泣くな 庭の隅

無感動 大半歯痛 うどん噛む

山や川 硬貨で買う子 和歌山や

良いバッグ 隙あり空き巣 グッバイよ

八日月 夜寒寒さよ 気遣うよ

和歌山は 岸の楽しき 浜や川

和歌山や 撮るSLと 山や川

 

 

名にし負う

 三浦荒海

  魚(うお)死にな

軒の妻

  告げん満月

    松の木の

キブシ、ズミ

 ニシキギ岸に

  水しぶき

よする波

  三浦荒海

    皆留守よ

庭の冬

  鳴かず静かな

    由布のワニ

さらば由布

  大作咲いた

    冬バラさ

妻の由布

  のどかに角の

    冬の松

地味も由布

  庭先沢に

    冬もみじ

三高も

  弱い無いわよ

    毛根さ

地味もいい

  滝ある秋田

    いい紅葉

にわか雨

  止まず東屋

    目赤ワニ

台風よ

  三浦荒海

    よう吹いた

代官は

  ドア開け雨戸

    半開だ

クマ町へ

  子規忌を聞きし

    ヘチマ撒く

マイタケは

  完売晩夏

    はけた今

マント着て

  下着脱ぎたし

    敵とんま

高湯待つ

  のどかに角の

    妻浴衣

 

 

 

腫れかけた

  庭木の際に

    タケカレハ

三階は

  患者茶人か

    肺ガンさ

三振は

  目立つ奴駄目

    阪神さ

三人は

  機敏万引き

    犯人さ

千葉昼は

  意外冷害

    春火鉢

佐賀昼は

  のどかに角の

    春日傘

イカ乗るは

  マテ貝が手間

    春の貝

山や川

  家内ド田舎

    和歌山や

蟷螂も

  出がけにケガで

    朦朧と

腫れかけた

  学童毒蛾

    タケカレハ

飛び越えた

  傷膿うずき

    耐えこびと

共食いか

  最後むごいさ

    飼い蜘蛛と

今朝の那覇

  花見る皆は

    花の酒

花の庭

  ワニか中庭

    ワニの那覇

花の滝

  花見る皆は

    北の那覇

華やいだ

  庭で腕輪に

    ダイヤ那覇

花嫁の

  顔が笑顔か

    飲めよ那覇

花婿か

  顔が笑顔か

    囲む那覇

世の皆は

  弥生よい夜や

    花見の夜

パパイヤは

  今熟れうまい

    早いパパ

この目つき

  野村睨むの

    きつめの子

枯れ野にて

  紺色インコ

    手に乗るか

仏壇の

  横にも二個よ

    飲んだ粒

この目つき

  似たなあなたに

    きつめの子

(きん)買うの

  役場捌くや

    農閑期

良いエイは

  独走速度

    背泳よ

大学は

  意外弊害

    迫害だ

場違いさ

  にわかに川に

    サイが千葉

死にたいな

  去るか明るさ

    無いタニシ

頓挫した

  中田カタカナ

    足し算と

鳴き合わせ

  鳥と小鳥と

    世話飽きた

悪い手ね

  口説くあくどく

    寝ているわ

丘の松

  春の蚊乗るは

    妻の顔

今人気

 手強いわ後手

   金(きん)二枚

再会は  

  苦労もうろく

    徘徊さ

区切りこの

  海老名花冷え

    残り菊

勘弁な

  臭う酔う鬼

    軟便か

荷扱い

  疎き適当

    威圧兄

関西に

  住まい買います

    兄さんか

値上げまた

  団地家賃だ

    たまげ姉

遠野来た

  白百合揺らし

    滝の音

遠野また 

 並木不気味な

  銃弾(たま)の音

竹の根は

  些細いい笹

    はねのけた

親切な

  知り合いありし

    夏戦死

幹線で

  結核脚気

    伝染か

竹カイト

  よく飛ぶ得よ

    問いかけた

嫁の村

  イラン伝来

    ラム飲めよ

サイが宿

  今住む住まい

    ドヤ街さ

伊勢市いて

  苦悶沈黙

    低姿勢

駄目ミスか

  帝王老いて

    カスミ目だ

タイ王も

  カスミ目ミスか

    もう老いた

大王か

  隣売りなと

    買う甥だ

飛ぶ蚊久保

  カミキリ君か

    僕カブト

私飼う

  カブトも飛ぶか

    羽化したわ

騒がしき

  セミ出る出店

    岸側さ

岸側さ

  出店はセミで

    騒がしき

このビキニ

  買いな着ないか

    ニキビの子

溺水だ

  飛び込むこびと

    大好きで

貝好きで

  飛び込むこびと

    溺水か

三園児

  砂場手放す

    腎炎さ

庭に咲く

  ダリアに蟻だ

    草にワニ

垂れ幕に

  金色インキ

    憎まれた

内閣府

  役得得や

    服買いな

地味も立つ

  錦の岸に

    蔦紅葉

派手家内

  ネイルズルいね

    田舎では

世話飽きた

  鳥さアサリと

    炊き合わせ

私まだ

  処女女子

    ダマしたわ

ネギね又

  毎朝合間

    玉ネギね

遺作かな

  堆肥に引いた

    中臭い

台風よ

  市内台無し

    よう吹いた

大麻所持

  格安ヤクか

    女子撒いた

(きん)に舞い

  ダイバー倍だ

    今人気

大学は

  寒村損か

    迫害だ

カマドウマ

  家内の田舎

    舞う土間か

ムカついた

  イラつきつらい

    タイツ噛む

代官め

  賄賂ボロいわ

    面会だ

品川区

  白樺枯らし

    桑が無し

品川か

  ワニ鵜飼う庭

    川が無し

今世話に

  ワニ鵜飼う庭

    庭狭い

池の無い

  ワニ鵜飼う庭

    伊那の景

小夜砧

  鹿共どかし

    狸世さ

二個の菓子

  鹿共どかし

    鹿の子に

白百合と

  並ぶアブラナ

    鳥揺らし

靴にタイ

  いなせ褪せない

    板につく

軽井沢

  スキーヤーキス

    技いるか

廃れるは

  傷ある小豆

    春レタス

砂浜で

  過熱は恒か

    デマ話す

吹き矢ミス

  うかつに使う

    炭焼夫

気安いよ

  いなせ褪せない

    良い素焼き

床に唾

  吐いたあたいは

    罰に粥

イカに唾

  吐いたあたいは

    罰二回

若き佳き

  若いオイカワ

    清き川

砂は待つ

  鳴き砂好きな

    妻話す

怒り肩

  刀か鉈か 

    タカリかた

医師マサイ

  医学屋外

    勇ましい

駄目姉妹

  軽くチクるか

    戒めだ

出来なそう

  感動鈍化

    ウソ泣きで

松濡らし

  白雲暗し

    知らぬ妻

今朝の冬

  グラス安らぐ

    由布の酒

今朝の冬

  のどやか宿の

    由布の酒

先お塩

  ダシなど無しだ

    お仕置きさ

桑の実の

  酔うようようよ

    蚤の湧く

良い蚊だけ

  呼んでも出んよ

    気高いよ

竹藪で

  シマヘビヘマし

    デブ焼けた

夜軍歌

  弱い平和よ

    勘ぐるよ

夜軍歌

  上手く悪用

    勘ぐるよ

夜軍歌

  酔うとネトウヨ

    勘ぐるよ

湧く泉

  森の実りも

    見ず行くわ

今地味も

  夜景の池や

    モミジ舞い

カキドオシ

  咲きて素敵

    潮時か

草に似た

  萩のその木は

    谷に咲く

早婚は

  怒り無理解

    ハンコ嘘

角の店

  快晴盛夏

    蝉のどか

すり寄ると

  とっさにさっと

    盗るよリス

ラム飲めよ

  車座丸く

    嫁の村

悪いカバ

  うかつに使う

    バカいるわ

高島田

  しますお澄まし

    ダマし方

小ぬか雨

  いつしか失意

    目開かぬ子

海岸だ

  三浦荒海

    断崖か

殿下夏

  寒い財務さ

    ツナ缶で

監察医

  死体会いたし

    いつ参加

総理はや

  クサい政策

    やはり嘘

寒餅の

  巷下町

    八文か

名が憎き

  花のその名は

    キクニガナ

ダンベルで

  毎朝合間

    出る便だ

ダンベルで

  耐えた鍛えた

    出る便だ

ダンベルも

  うかつに使う

    漏る便だ

エゴ理屈

  ごまかすか孫

    作り声

軟便か

  語れモレたか

    勘弁な

霧雨か 

  庭先沢に

    亀去りき

リス来るは

  残念捻挫

    貼る薬

暗闇の

  闇鍋並や

    飲み屋楽

キツネ糞

  昼過ぎする日

    即寝付き

昼霧か

  ヤバそうソバ屋

    借り切る日

陰雪の

  陽だまりまだ陽

    軒湯気か

完済時

  苦労もうろく

    爺さんか

白魚に

  寄るな怒鳴るよ

    臭うらし

テラスかい

  富めるグルメと

    イカすラテ

お母んらし

  過失いつしか

    知らん顔

(さつ)撒いた

  札束立つさ

    松明さ

新殿下

  雅子紀子様

    感電死

先焼いた

  ヤリイカ入りや

    鯛焼きさ

春近し

  鳴かずわずかな

    鹿散るは

台風よ

  都は小止み

    よう吹いた

又歩く

  怪奇裂きイカ

    来る頭

デトックス

  よい山菜よ

    すくっと出

停電よ

  夜勤電気屋

    呼んでいて

猛攻と

  予定でいてよ

    投降も

遠のくか

  監視も進化

    核の音

頂いた 

初物持つは 

鯛だ鯛

白魚に

  九人ニンニク

    臭うらし

樫の花

  スタミナ満たす

    那覇の鹿

考えた 

  痛み揉みたい

    耐え癌化

「成るスリム」

  奇人断食

    無理するな

並木焼け

  甲子エノキ

    ケヤキ皆

談判し

  塁審強いる

    審判だ

四季の和歌

  公家など嘆く

    川の岸

白雪の

  長閑やか宿の

    軒揺らし

和歌山や

  田舎儚い

    山や川

泣いた今

  薄暮に僕は

    舞いたいな

鯛特価

  還元原価

    買っといた

さあ食べた

  べこ食むハコベ

    食べた朝

草煮るは

  べこ食むハコベ

    春に咲く

おかしいさ

  泣いたみたいな

    妻子顔

夜目遠目

  夜景の池や

    目を止めよ

今や飲め

かすみ目ミスか

  目の病

桜待つ

  花見で皆は

    妻楽さ

適齢期

  合コン交互

    気入れ来て

夜ススキ

  抱き合う秋だ

    キスするよ

静かな胃

  飲もう食うもの

    田舎鮨

花の咲く

 野がなぞ長野

  草の名は 

中島や

  来る秋歩く

    山路かな

白雲の

  海老名花冷え

    野も暗し

鹿秋か

  家内の田舎

    柿赤し

八重椿 

  描くダリ抱くか

    奇抜絵や

弱いゴム

モレそうそれも

むごいわよ

通夜半ば

  泣くなよ泣くな

    馬鹿なやつ

馬鹿なやつ

たけなわ泣けた

    通夜半ば

通夜半ば

  煙たい手向け

    馬鹿なやつ

嫁の村

  新年年始

    ラム飲めよ

静かな夜

  飲もう食うもの

    夜中鮨

薩摩来て

  イバラ腹這い  

    敵待つさ

初サンマ

  高い買い方

    万札は

残る蝉

 家内の田舎

  見せる子の

木道も

  この木のキノコ

    猛毒も

和歌山や

  紅葉酔う子

    山や川

いい女

  目付きがきつめ

    難を言い

池の名は

  知らず珍し

    花の景

美しい

  ママがわがまま

    医師苦痛

良き土も

  うかつに使う

    餅つきよ

君啼くや

  儚き仲は

    妬くな美紀

耐えきれぬ

  燃えさしさえも

    濡れ消えた

いなしては

  強い右四ツ

    果てしない

妻長閑

  真昼鶴ヒマ

    角の松

ママが留守

  気軽悪ガキ

    するがまま

キブシ、ズミ

  みずいろ泉

    水しぶき

静かな夜

  スタミナ満たす

    夜中鮨

虫押さえ

  山家のガマや

    餌惜しむ

食い入るは

  虚子の句の初期

    春いい句

高行くや

  こだわる和凧

    やく浴衣

おかしいよ

  泣いたみたいな 

    酔いし顔

もめてるか

  カスミ目ミスか

    カルテメモ

遠野ズミ

  水面カモ波

    水の音

嘘だエコ

  クサい政策

    声出そう

伊勢の松

  二時間火事に

    妻のせい

またアゲハ

  カツラが落下

    ハゲ頭

ママ立った 

二時間家事に

立ったまま

遠野ズミ

  錦の岸に

    水の音

貝文化

イカ以外貝

幹部イカ

恋し仲

  遠目はめおと

    悲しい子

雪に傘

  この朝あの子

    坂に消ゆ

負け戦 

涙目だ皆 

咲くイケマ

隙あると

  いやはや早い

    盗る空き巣

とき色の

  鈍行今度

    ノロい帰途

信念か

  苦労もうろく

    観念し

家具住まい

  下見で見たし

    今すぐか

テレサまだ

いつしか失意

    騙されて

月明かり

  来る秋歩く

    里佳秋津

サンデーが

  家内の田舎

    ガーデンさ

サツ手入れ

  上手くかくまう

    冷徹さ

奇抜かあ 

  咲いたみたいさ

    赤ツバキ

サンダルか

  残念捻挫

    カルダンさ

家具住まい

  硬貨で買う子

    今すぐか

急くなダム

  壊すな諏訪湖

    無駄無くせ

良くないぜ

  クサい政策

    税泣くよ

遠のきし

  家内の田舎

    四季の音

参観日

  良い先生よ

    敏感さ

忍耐だ

  マイナスな今

    大胆に

やめたいが

  食らう暴落

    外為や

新パンダ

  些細いい笹

    談判し

気だるげな

  貝や早いか

    投げるだけ

見越したわ

  いなしはしない

    渡し込み

森揺らし

  台風吹いた

    白百合も

雪に舞い

  猿丸まるさ

    今に消ゆ

妻病

  いい目の名医

    今や待つ

リウマチへ

  効果で買う子

    ヘチマウリ

今や飲み

  最後むごいさ

    身の病

鳥屈指

  ダントツ飛んだ

    しっくりと

草の名は

  知らず珍し

    花の咲く

今害は

  無いが意外な

    胚芽米

角の松

  由布の湯の冬

    妻のどか

門の松

  家内の田舎

    妻のどか

山や川

  ブナまで学ぶ

    和歌山や

悪い蚊は

  夜でも出るよ

    墓いるわ

危機管理

  足りない成田

    隣家危機

新郎と

  イカした司会

    討論し

奴墓地に

  妖怪飼うよ

    日没に

レバニラと

  偽るわつい

    トラにバレ

信念か

  酒やめヤケさ

    観念し

南欧よ

  酒飲むの今朝

    酔う女

大韓機

  暗い墜落

    近海だ

飼い慣らし

呼ぶとね飛ぶよ

知らない蚊

 

似た草の

  名は知らぬ実か

    残る蔓

 この髪濡らし

   花の咲く谷

似た草の

  名は知らぬ実か

    待つ友と

 妻髪濡らし

   花の咲く谷

若草の

水清し川

  野はうたう

葉の若し佳き

  ズミの咲く川

春雨に

 見かけた妻の

   くどい問い

 毒のマツタケ

  神に召さるは 

短夜の

  庵の若葉

    摘み食べた

 三つ葉川のり

   老いの余暇地味

肩濡らし

  花採る乙女

    こよりより

 横目通ると

   名は知らぬ鷹

和歌山や

  清らか川の

    松風か

 妻の和歌から  

   良き山や川

白滝の

  音消え残る

    川風か

 分かるこの駅

   遠野来たらし

山茶花の

  際立つ花の

    咲く庭に

 草の名初だ

   脇の寒笹

 

 

 

 

夜か昼か

天か地か

神がかる

鏡か

価値観

テカる

光るよ

軽いか重いか

短いか長いか

遠いか近いか

貝か、近い音、貝が名、貝か地味

貝も丘居るか

 

各句回文

北の地、一の滝

二の滝、来たのに

三の滝、来たのんさ

つい食べた いつ

舞い立った いま

 

 

回文川柳

有名人回文

そのほかの回文

 

 

鳥回文

鳥以外の回文

鳥ローマ字回文

ローマ字回文

文字回文

 

 

 

ホーム

鳥へぇ