回文

 

松に鶴、モルツに妻

まつにつる、もるつにつま

コサギ

沼のコサギ、渚好まぬ

ぬまのこさぎ、なぎさこのまぬ

シマゴマ

抱くか、シマゴマ卵真四角だ

だくか、しまごまたまごましかくだ

アトリ

兄、アトリ食いに行くリトアニア

あに、あとりくいにいく りとあにあ

アカコッコ

「コッコ」「カア」鳴くな、アカコッコ

こっこかあ なくな、あかこっこ

ダイサギ

色白い鷺最大ダイサギさ、色白い

いろしろいさぎさいだい、だいさぎさ、いろしろい

トビ

昼間、鳶飛び、飛び飛び止まる日

ひるま、とびとび、とびとびとまるひ

オオルリ

酒田、オオルリ追い、舞い降りるオオタカさ

さかた、おおるりおい、まいおりるおおたかさ

カワアイサ

夜、川、小さい泡、カワアイサ位置分かるよ

よる、かわ、ちいさいあわ、かわあいさいちわかるよ

ツバメの子

  並ぶつぶらな

    この目バツ

つばめのこ ならぶつぶらな このめばつ

ウソ

川に沿う

  ヒノキ秋の日

    ウソ二羽か

かわにそう ひのきあきのひ うそにわか

佳き鶴は

  川にも二羽か

    春月夜

よきつるは かわにもにわか はるつきよ

魚食う

  鴨と鵜友か

    浮く仲さ

さかなくう かもとうともか うくなかさ 

白鷺

白鷺は

  にわかに川に

    脛さらし

しらさぎは にわかにかわに はぎさらし

夜の鷹

呼ぶとね飛ぶよ

肩乗るよ

よるのたか よぶとねとぶよ かたのるよ

若芽摘み

  名は知らぬ鷹

    舞い飛ぶと

今肩濡らし

   花見つめ川

わかめつみ、なはしらぬたか、まいとぶと

 いまかたぬらし、はなみつめかわ

(かり)

遠き島

  鹿呼ぶ鳥か

    舞い歌う

 今雁飛ぶよ

   かしましき音

とおきしま しかよぶとりか まいうたう 

  いまかりとぶよ かしましきおと

白雪の

  妻呼ぶ鳥か

    舞い歌う

 今雁飛ぶよ

   松の木揺らし

しらゆきの つまよぶとりか まいうたう

 いまかりとぶよ まつのきゆらし

ウソ

ウソ岸に

  草紅葉敷き

    和歌歌う

 川岸地味も

   咲くニシキソウ

うそきしに くさもみじしき わかうたう

  かわきしじみも さくにしきそう

 

 

鴨飛ぶよ

  弥生良い夜や

    呼ぶ友か

かもとぶよ やよいよいよや よぶともか

師走かい

  第九得意だ

    活かす鷲

しわすかい だいくとくいだ いかすわし

イカルでも

  舞い飛ぶと今

    モデルかい?

いかるでも まいとぶといま もでるかい

糞敷いた

紺色インコ

対趾足

くそしいた こんいろいんこ たいしそく

夜願う

  サンマ五万さ

    鵜が寝るよ

よるねがう さんまごまんさ うがねるよ

沢に沿う

  木の巣クスノキ

    ウソ二羽さ

さわにそう きのすくすのき うそにわさ

ウソ岸に

  みずいろ泉

    ニシキソウ

うそきしに みずいろいずみ にしきそう

ウトウ追い

  海路ノロいか

    硫黄島

うとうおい かいろのろいか いおうとう

竹に飛ぶ

  片をオオタカ

    ブト逃げた

たけにとぶ かたをおおたか ぶとにげた

カッコウ科

  毛虫を仕向け

    飼う国家

かっこうか けむしをしむけ かうこっか

鴨飛ぶよ

  水面、雲、波

    呼ぶ友か

かもとぶよ みなもくもなみ よぶともか

目もカワイ

  浮かび飛び交う

    岩カモメ

めもかわい うかびとびかう いわかもめ

妻はモカ

  カモメ飲めモカ

    鴨は待つ

つまはもか かもめのめもか かもはまつ

鷗来て

  港営み

    敵メモか

かもめきて みなといとなみ てきめもか

桜の木

  カラス安らか

 気の楽さ

さくらのき からすやすらか きのらくさ

朝焼けや

  赤々とカアカア

    焼けやさあ

あさやけや あかあかとかあかあ やけやさあ

雁鳴くや 

  照りい日入りて

    焼くなりか

かりなくや てりいひいりて やくなりか

飛ぶ雁と

  みずいろ泉

    トリカブト

とぶかりと みずいろいずみ とりかぶと

雁飛ぶよ

  仲間、今かな

    呼ぶ鳥か

かりとぶよ なかまいまかな よぶとりか

たった今

  雁とアトリか

    舞い立った

たったいま かりとあとりか まいたった

観察は

  夏まで待つな

    初参加

かんさつは なつまでまつな はつさんか

世話ありと

  観察参加

    鳥合わせ

せわありと かんさつさんか とりあわせ

次期都知事

五輪権利後

自治と雉

じきとちじ ごりんけんりご じちときじ

呼ぶと雉

  夜でも出るよ

    じき飛ぶよ

よぶときじ よるでもでるよ じきとぶよ

啄木鳥が

  白樺枯らし

    ガキつつき

きつつきが しらかばからし がきつつき

啄木鳥の 

  二羽来てきわに

    軒つつき

きつつきの にわきてきわに のきつつき

クイナ笑み

  ヨシ原端よ

    見えない区

くいなえみ よしはらはしよ みえないく

ゴイサギは

  木の巣クスノキ

    萩最後

ごいさぎは きのすくすのき はぎさいご

コヨシキリ

  上手くかくまう

    力士横

こよしきり うまくかくまう りきしよこ

垂れそめし

  キブシにしぶき

    シメそれた

たれそめし きぶしにしぶき しめそれた

シメの待つ

  モミの木の実も

    妻の飯

しめのまつ もみのきのみも つまのめし

薩摩来て

合戦セッカ

  敵待つさ

さつまきて かっせんせっか てきまつさ

キブシ・ズミ

  よきツル月夜

    水しぶき

きぶしずみ よきつるつきよ みずしぶき

呼ぶと今

  トキ生き生きと

    舞い飛ぶよ

よぶといま ときいきいきと まいとぶよ

柏来て

  飛べ朱鷺飛べと

    敵鷲か

かしわきて とべときとべと てきわしか

孫の絵か

選ぶ油絵

買えノゴマ

まごのえか えらぶあぶらえ かえのごま

いいのかな

  ノスリとリスの

    仲のいい

いいのかな のすりとりすの なかのいい

ハイタカは

  家内の田舎

墓、大破

はいたかは かないのいなか はかたいは

良く生きな

ハクガンが「クハ」

鳴き行くよ

よくいきな はくがんがくは なきいくよ

桐一葉

  ウソも重そう

    ハト非力

きりひとは うそもおもそう はとひりき

ヒクイナか

  糞かけ加速

    家内句碑

ひくいなか くそかけかそく かないくひ

妻来た日

 観察参加

 ヒタキ待つ

つまきたひ かんさつさんか ひたきまつ

ブトとボソ

  家内の田舎

    祖母と飛ぶ

ぶととぼそ かないのいなか そぼととぶ

ホトトギス

  夜でも出るよ

    杉戸、徒歩

ほととぎす よるでもでるよ すぎととほ

マヒワ舞い

  観察参加

今は暇

まひわまい かんさつさんか いまはひま

ヨシゴイよ

  夜でも出るよ

    宵越しよ

よしごいよ よるでもでるよ よいごしよ

メモ柏

  観察参加

    ワシカモメ

めもかしわ かんさつさんか わしかもめ

ハイタカは

  スタミナ満たす

    墓大破

はいたかは すたみなみたす はかたいは

蜜月か 

  過密なツミか

    担げツミ

みつげつか かみつなつみか かつげつみ

ウソ岸に

  見つめる目ツミ

    ニシキソウ

うそきしに みつめるめつみ にしきそう

遠野ズミ

鵜掻き行き交う

  水の音

とおのずみ うかきゆきかう みずのおと

ヒタキ来て

  わななく七羽

    敵来た日

ひたききて わななくななわ てききたひ

沢に沿う

  錦の岸に

    ウソ二羽さ

さわにそう にしきのきしに うそにわさ

沢に沿う

  中州に巣かな

    鷽二羽さ

さわにそう なかすにすかな うそにわさ

枯葉舞い

  ヒタキが来た日

    今晴れか

かれはまい ひたきがきたひ いまはれか

ヒタキ来て

  鳴かずわずかな

    敵来た日

ひたききて なかずわずかな てききたひ

飛ぶ雁(かり)

  錦の岸に

    とりかぶと

とぶかりと にしきのきしに とりかぶと

沢に沿う

  白百合揺らし

    ウソ二羽さ

さわにそう しらゆりゆらし うそにわさ

クイナ雌

  海老名花冷え

    住めない区

くいなめす えびなはなびえ すめないく

住めるかい

  ウソ来て競う

    イカル雌

すめるかい うそきてきそう いかるめす

住めるかい

  ウソ雄襲う

    イカル雌

すめるかい うそおすおそう いかるめす

今の時期

  家内の田舎

    雉の舞い

いまのじき かないのいなか きじのまい

ヨシゴイよ

  夜でも出るよ

    宵越しよ

よしごいよ よるでもでるよ よいごしよ

 

短夜の

  綱渡り鴨

    冴えないな

 餌も借りたわ

   夏の余暇地味

みじかよの つなわたりかも さえないな

 えさもかりたわ なつのよかじみ

短夜の

  舞い飛ぶヨタカ

    八百屋部屋

 親方呼ぶと 

今の余暇地味

みじかよの まいとぶよたか やおやへや

おやかたよぶと いまのよかじみ

桐一葉

  残り物さえ

    少なめな

 楠餌の森

   子の鳩非力

きりひとは のこりものさえ すくなめな

 くすえさのもり このはとひりき

 

 

アイサ

いない、最悪、アイサいない

いない、さいあく、あいさいない

最愛カモかい、アイサ

さいあいかもかい あいさ

最悪は、吐くアイサ

さいあくは、はくあいさ

潮騒歩く、来るアイサ、鴛

しおさいあるく くるあいさ おし

昼、待つ兄、色彩明るい、イルカ、アイサ、岸に集まる日

ひるまつあに、しきさいあかるい、いるか、あいさ、きしにあつまるひ

アオサギ

来るアオサギ、渚を歩く

くるあおさぎ なぎさをあるく

アカウソ

「買えそうか?」、「あっ、アカウソ絵か」

かえそうか あっあかうそ えか

アカオノスリ

リスのお母さんさ、アカオノスリ

リス、野、丘歩くと、来るアカオノスリ

りすの、おかあるくと くる あかおのすり

アカゲラ

アカゲラ食うクラゲかあ

「アカゲラか」と、ひとからげかあ

「なんだアカゲラか」と、ひとからげかあ、旦那

アカハラ

寄る?アカハラほら墓あるよ 

よるあかはら ほら はかあるよ

アカマシコ

よこしまか、アカマシコよ

アサクラサンショウクイ

アサクラサンショウクイと行く、鵜よ、審査楽さあ

あさくらさんしょうくいといく うよしんさらくさあ

アトリ

まったりと、アトリ発つ間

まったりと あとりたつま

リトアニアにアトリ

夜、松、アトリ、割と集まるよ

よるまつあとり わりとあつまるよ

見た、アトリ、ケリと熱海

みたあとり けりとあたみ

アビ

浮かび上がるが、アビか鵜

うかびあがるが、あびかう

忍び逢う兄に、似あうアビの死

しのびあうあにに、にあうあびのし

アマサギ

アマサギ詐欺さ、まあ

あまさぎ さぎさまあ

よい波、アマサギ、渚、まあ見ないよ

よいなみ、あまさぎ、なぎさ、まあみないよ

アマツバメ

アマツバメ駄目?バツ?まあ

あまつばめ だめ ばつ まあ

アマミヤマシギ

アマミヤマシギ、島、闇。まあ

あまみやましぎ しまやみまあ

イカル

イカル?知るかい

いかるしるかい

イカル、絵、買い替えるかい

いかる、え、かいかえるかい

イカルの背、乗るかい

いかるのせ、のるかい

鳴いたイカル、飼いたいな

ないたいかる かいたいな

イカルは歌う春かい?

いかるはうたうはるかい

イカルいてね、寝ているかい?

いかるいてねねているかい

猫八の技いるかイカル似るかい?軽井沢のち箱根

ねこはちのわざいるかいかるにるかいかるいざわのちはこね

イカル好かん、喧嘩するかい?

いかるすかん、けんかするかい

イスカ

イスカ、今、胃下垂

いすか、いまいかすい

イスカ、ちびちび地下水

いすか、ちびちびちかすい

今、潮来にいたイスカ衰退、二個体、舞い

いま、いたこにいたいすか、すいたい、にこたい、まい

イソシギ

夜、川岸、沿い、イソシギ分かるよ

よる、かわぎし、そい、いそしぎわかるよ

イワヒバリ

イワヒバリ、狩場卑猥

いわひばり、かりばひわい

イワヒバリか、盛り場卑猥

いわひばりか、さかりばひわい

「ウトナイ湖に来いな」と鵜

うとないこにこいなとう

浮かばないな、バカ鵜

鵜、ヨシゴイから介護しよう

うよしごいからかいごしよう

鵜も好かない、田舎相撲

うもすかない いなかすもう

「鵜が田植え?」疑う

うがたうえ、うたがう

鵜、蟻、鷹、語り合う

う、あり、たか、かたりあう

鵜、咬む、歯向かう

う、かむ、はむかう

鵜、濃い屁、閉口

う、こいへ、へいこう

鵜、速度、独走

う、そくど、どくそう

鵜、カラ、からかう

撃たれた鵜

メノウで鵜の目

うぬら、名だたる、ただならぬ鵜

鵜が確か従う

うがたしかしたがう

死んだ鵜、好男子

しんだう、こうだんし

立った鵜、唄った

たったう、うたった

鵜、起きて、適応

うおきててきおう

鵜、鳥、撃て、天売島

うとりうててうりとう

鵜、良い餌、栄養

うよいえさえいよう

時機到来、おいら、鵜と雉

じきとうらいおいらうときじ

狩りと農耕、鵜、コウノトリか

かりとのうこううこうのとりか

胃検診か、鵜、克服、副交感神経

いけんしんかうこくふくふくこうかんしんけい

舞い立つ鵜、打つ大麻

まいたつう、うつたいま

毛細血管、三角形さ、鵜も

もうさいけっかん、さんかっけいさ、うも

養育費、低い鵜よ

よういくひ、ひくい、うよ

夜、相撲、鵜もするよ

よる、すもう、うもするよ

烏骨鶏

烏骨鶏鍋食べない結構

うこっけいなべたべないけっこう

ウソ

鷽以外が居そう

うそいがいがいそう

鷽、今、埋葬

うそ、いま、まいそう

鷽いました、私、舞いそう

うそいました、わたし、まいそう

鷽、痛いか、器械体操

うそ、いたいか、きかいたいそう

鷽が剥ぐステッカー、買ってすぐ剥がそう

鷽さ、鷽、襲う?誘う?

うそさうそ、おそう、さそう

ウソ、楽に暮らそう

うそらくにくらそう

相続書くぞ、鷽

そうぞくかくぞうそ

また鷽誘うタマ

またうそさそうたま

鷽、鵜と逃走

うそうととうそう

鷽、やはり速そう

うそ、やはりはやそう

鷽ら、会い、言い争う

うそら、あい、いいあらそう

鷽聞き、桜開く、咲き競う

うそきき さくらひらく さききそう

鷽、違和感、癌、かわいそう

うそいわかん、がん、かわいそう

鷽、岩陰、かわいそう

うそいわかげかわいそう

うまそうな鷽、舞う

うまそうなうそまう

鷽、今朝リハね、胸張り裂けそう

うそ、けさりはね、むねはりさけそう

イカ、鷽、鵜、同窓会

いかうそうどうそうかい

総取り替え、雁と鷽

そうとりかえかりとうそ

鷽がさ、居たみたい、探そう

うそがさいたみたいさがそう

相対的に小さい開催地に来ていた鷽

そうたいてきにちいさいかいさいちにきていたうそ

ウソ、大モテと恥ずかしい子、恋し数はとても多そう

私抱いたウソ、歌い出したわ

ウトウ

善知鳥と鵜 

うとうとう

ウトウトと、善知鳥

うとうとと、うとう

ウトウ追い、硫黄島

うとうおいいおうとう

突起、ウトウ、きっと

とっきうとうきっと

ウトウ、後日、辻強盗

うとうごじつつじごうとう

ウトウと私が怪我したわ、とうとう

うとうと わたしがけがしたわ とうとう

ウトウも波浮く、食う皆、孟冬

うとうもなみうくくうみなもうとう

ウミウ

海浮かぶか、ウミウ

うみうかぶか、うみう

断崖から、ウミウ飛んだ、暖冬、三浦海岸だ

だんがいからうみうとんだ、だんとうみうらかいがんだ

ウミオウム

よくウミオウム、魚(うお)、見、浮くよ

よくうみおうむうおみうくよ

ウミガラス

モスラが三浦か?来た、滝からウミガラスも

もすらがみうらか、きた、たきからうみがらすも

ウミバト

断崖からウミバト、波止場、三浦海岸だ

だんがいからうみばと、はとば、みうらかいがんだ

エナガ

夜、エナガ、尾が萎えるよ

よるえながおがなえるよ

オオグンカンドリ

ネギ好き、オオグンカンドリ鈍感、具大き過ぎね

ねぎすき、おおぐんかんどり、どんかん、ぐおおきすぎね

オオタカ

博多、多い、オオタカは

はかたおおいおおたかは

粋、オオタカ、肩大きい

いき、おおたか、かたおおきい

肩を落とす、「ミス」とオオタカ

かたをおとす、みす、とおおたか 

肩、雄々しい、舞いしオオタカ

かた、おおしい、まいしおおたか

オオノスリ

リスの大物、食べたのもオオノスリ

りすのおおもの、たべたのもおおのすり

オオハム

ダムは大きい、吐息、オオハムだ

だむはおおきい、といき、おおはむだ

オオバン

今、ガンバ大阪さ、オオバンが舞い

いま、がんばおおさかさ、おおばんがまい

傘、オオバンが使う、迂闊、ガンバ大阪

かさ、おおばんがつかう、うかつがんばおおさか

オオマシコ

粋、オオマシコ、縞大きい

いきおおましこ しまおおきい

よこしま、オオマシコよ

オオモズ

良いオオモズ、数も多いよ

よいおおもず かずもおおいよ

寝息、オオモズも大きいね

ねいき、おおもずもおおきいね

鷽、オオモズ、数も多そう

ウソ、オオモズ、数も多そう

オオルリ

崖、オオルリ、スリル、大けが

がけ、おおるり、すりる、おおけが

満ち足りる、オオルリ、立ち見

みちたりる、おおるり、たちみ

オオワシ

皺多い大鷲

しわおおい おおわし

柏、大嘘さ、誘うオオワシか

かしわおおうそさ さそうおおわしか

オシドリ

酉年、オシドリと

とりどし、おしどりと

オナガ

巣、オナガが直す

す、おなががなおす

カイツブリ

浮くカイツブリ、ぶつイカ食う

うくかいつぶり ぶついかくう

カイツブリ、リブ追加

かいつぶり りぶついか

カケス

カケスだと、人助けか

かけすだと、ひとだすけか

美濃市、カケス助け、樫の実

みのし かけすたすけ かしのみ

樫鳥

樫鳥、酉年か

かしどり とりどしか

カッコウ

カッコウ舞う国家

かっこうまうこっか

カッコウ田植え、歌う国歌

かっこうたうえ うたうこっか

カッコウ、恩に着せ、責任負う国家

かっこうおんにきせ、せきにんおうこっか

鴨、飲むのモカ

かも のむの もか

宵、鳴け鴨、エコ、声もかけないよ

よい、なけかも、えこ、こえもかけないよ

いまだ一人、鴎も雁(かり)と、飛騨舞い

いまだひとり、かもめもかりと、ひだまい

鷗よ、滝来てモテ期来た、嫁もか

かもめよ たききてもてききた よめもか

目もカスミ目だ、ダメ、ミス、鴎

めもかすみめだ、だめ、みす、かもめ

この目も可愛いわ、鴎の子

このめもかわいいわ かもめのこ

鷗さえ、餌メモか

かもめさええさめもか

三階、鴎が、眺めも快感さ

さんかい、かもめが、ながめもかいかんさ

嫁もカイロ白いよ、色白いカモメよ

よめもかいろしろいよ、いろしろいかもめよ

嫁も飼いならした知らない鴎よ

よめもかいならした、しらないかもめよ

安らかに眠れ、胸に、鴉や

やすらかにねむれ むねにからすや

モスラ飼いたい、カラスも

もすらかいたい からすも

濡れ羽色、黒い、バレぬ

ぬればいろ、くろいばれぬ

雛カラス、安らかな日

ひなからす、やすらかなひ

カーカーカ カラス安らか カーカーカ

かーかーか からすやすらか かーかーか

カラスバト

私、車を飛ばす羅漢、カラスバトを丸くしたわ

わたしくるまをとばすらかん、からすばとをまるくしたわ

カラムクドリ

カラムクドリ減り、毒ムラか?

からむくどりへりどくむらか

(かり)

ヤマトリカブト、飛ぶカリ苫屋

やまとりかぶととぶかりとまや

雁、動き、合理化

かり、うごき、ごうりか

雁と飲めモカ、鴎の鳥

かりとのめもか、かもめのとりか

雁、猛攻、追う、コウモリか

カリカリ鳴くなり、雁か

かりかりなくなり かりか

昼下がり、雁が去る日

ひるさがり かりがさるひ

娘一人、雁と姫住む

むすめひとり、かりとひめすむ

遠くの音、雁か、遠のく音

とおくのおと かりか とおのくおと

夜エコ、鳥、雁と越えるよ

よるえことり、かりとこえるよ

カリガネ

売らない、カリガネ、姉が理解、習う

うらないかりがね あねがりかいならう

カワアイサ

カワアイサ来れば、オナラ、なおバレ、臭い泡か

かわあいさくれば、おなら、なおばれ、くさいあわか

カワガラス

モスラが和歌詠むよ、カワガラスも

もすらがわかよむよ、かわがらすも

宵なら、カワガラスらが、分からないよ

よいなら、かわがらすらが、わからないよ

カワセミ

いかす翡翠、店沸かすかい

いかすかわせみ みせわかすかい

小石川「カワセミ」、店、若々しい子

こいしかわ、かわせみ、みせ、わかわかしいこ

角の店、分かりにくいよ、行く二里、カワセミ長閑

かどのみせ、わかりにくいよ、いくにり、かわせみのどか

退化した雁が、確か居た

たいかしたがんがたしかいた

いい雁、品が良い

いいがん、ひんがいい

対岸、雁がいた

たいがんがんがいた

「ウソ云え、ガンが営巣?」

うそいえがんがえいそう

態度悪いガンがいるわ、どいた

たいどわるいがんがいるわ、どいた

だんだんと雁が飛んだんだ

だんだんとがんがとんだんだ

遠くの音、雁が遠のく音

とおくのおと、がんがとおのくおと

呼ぶと、雁が飛ぶよ

よぶと、がんがとぶよ

渡れない橋、雁が支配、馴れたわ

わたれないはし、がんがしはい、なれたわ

キジ

今の時期、キジの舞い

いまのじき、きじのまい

雉、鷽、うかつに使う掃除機

きじうそ、うかつにつかう、そうじき

キジ、ウトウ、舞う、陶磁器

きじ、うとう、まう、とうじき

キジ、産もう、もうじき

きじうもうもうじき

キジ、来ないな、乞食

きじ、こないな、こじき

キジ、確か、鹿下敷き

きじ、たしか、しかしたじき

談志、雉食べた、じき死んだ

だんしきじたべたじきしんだ

つまはじき、耐えた、キジは待つ

つまはじきたえたきじはまつ

キジ類モビング、軍備もいる時期

きじるいもびんぐぐんびもいるじき

キジバト

キジバト速いや、波止場じき

きじばとはやいや、はとばじき

キセキレイ

トイレ、キセキレイと

といれきせきれいと

キタタキ

キタタキ、薪叩き

きたたき まきたたき

キタタキ、木たたき、来た滝

きたたき きたたき きたたき

「営巣、キタタキ」

「ウソ云え」

えいそうきたたき うそいえ

キタタキ敵、滝来てモテ期来た、来て木叩き

きたたきてき たききてもてききた きてきたたき

中州だ、キタタキ、たたき出すかな

なかすだ、きたたき、たたきだすかな

庭にキタタキ、二羽に

にわにきたたきにわに

キツツキ

キツツキ聞いたか、遠く叩く音、硬い木、木つつき

きつつききいたか とおくたたくおと かたいき きつつき

巣作り木、キツツキ、切り崩す

すづくりき きつつき きりくずす

キビタキ

で、また、キビタキ、旅、北まで

でまたきびたき たびきたまで

下手キビタキ、秋旅、北へ

へたきびたき あきたびきたへ

キリアイ

宵、ありきたり懲りたキリアイよ

よい、ありきたりこりたきりあいよ

キンバト

たった一晩、キンバト浸った

たったひとばん、きんばとひたった

庭に、朝と晩来たキンバトさ、あ、二羽に

にわに、あさとばんきたきんばとさ、あ、にわに

クイナ

クイナいない区

くいないないく

かけがえのない、クイナの絵、崖か

かけがえのない、くいなのえ、がけか

よきツル目、似ないクイナに曇る月夜

よきつるもく、にないくいなにくもるつきよ

「夜クイナ、来ない?」

「来るよ」

よるくいなこない くるよ

クマタカ

釘、クマタカ路肩撒く。ぎく

くぎくまたかまくぎく

片設くクマタカ

かたまくくまたか

クマタカ孵化、多摩区

くまたかふかたまく

クロサギ

良い波にクロサギ、渚、ろくに見ないよ

よいなみにくろさぎ、なぎさ、ろくにみないよ

よく夏がクロサギ鳴く、渚六月鳴くよ

よくなつが くろさぎなく なぎさろくがつなくよ

夜の渚六羽、クロサギ名乗るよ

よるのなぎさろくわ、くろさぎなのるよ

クロジ

夜、クロジ、網代来るよ

よるくろじあじろくるよ

クロトウゾクカモメ

クロトウゾクカモメ、メモ書くぞうと「6

くろとうぞくかもめ めもかくぞうとろく

ケラ

迂闊、ガラケー、ケラが使う

うかつ、がらけー、けらがつかう

ケラだらけ

ケラだ、血だらけ

ケラだな、穴だらけ

「ケラだろ、泥だらけ」

だらけたケラだ

ケリ

夜、ケリがアビと飛び上がり蹴るよ

よる、けりがあびと、とびあがり、けるよ

コイカル

コイカル解雇

こいかるかいこ

住めるかい?コルリ追い舞い降りるコイカル雌

すめるかい、こるりおいまいおりる、こいかるめす

ゴイサギ

来て、水郷舞うゴイ、素敵

きて、すいごうまうごい、すてき

ゴイサギ、最後

ごいさぎさいご

三羽のゴイサギ、最後の晩さ

さんばのごいさぎ、さいごのばんさ

鷺、最後の晩餐、サンバのゴイサギさ

さぎさいごのばんさん さんばのごいさぎさ

コウノトリ

行けっコウノトリ、都の烏骨鶏

いけっこうのとり とのうこっけい

鵜、コウノトリ飼い、狩りと農耕

う、こうのとりかい、かりとのうこう

好きな鵜、コウノトリと濃厚なキス

すきなう こうのとりとのうこうなきす

コガモ

「よく食べな」コガモが小鍋焚くよ

よくたべな こがもがこなべたくよ

渡り、コガモが「懲りたわ」

わたり こがもが こりたわ

コガラ

熊さえずり、コガラが懲りず餌まく

くまさえずり こがらがこりずえさまく

コクガン

半額、コクガンは

コサギ

白髪コサギ鳴く渚、木枯らし

しらがこさぎなくなぎさ、こがらし

コノハズク

屑は残る、去るコノハズク

くずはのこる、さるこのはずく

私コノハズク、クズは残したわ

わたしこのはずく、くずはのこしたわ

このり(ハイタカ♂)

コノリと一人の子

コムクドリ

コムクドリ、借り得、婿

こむくどりかりどくむこ

コヨシキリ

力士横にコヨシキリ

りきしよこにこよしきり

「力士よ、大きい」、力士横に、コヨシキリ、粋、オオヨシキリ

りきしよおおきい、りきしよこに、こよしきり、いき、おおよしきり

コヨシキリ、岸横

コヨシキリ、きしよこ 

コルリ

コルリ、借りる子

こるりかりるこ

コルリ、立ち見、満ち足りる子

こるり、たちみ、みちたりるこ

サカツラガン

サカツラガンが落下さ

さかつらがんがらっかさ

来る秋渚、鷺鳴き歩く

くるあきなぎさ さぎなきあるく

鷺、巣では派手過ぎさ

さぎ、すでは、はですぎさ

過ぎ去る月日、ひきつる鷺巣

すぎさるつきひ、ひきつるさぎす

悪い鷺、渚いるわ

わるいさぎ なぎさいるわ

サケイ

サケイは池さ

サケイ鳴いて、見て居ない、今朝

さけいないて、みていない、けさ

ササゴイ

要介護、ササゴイ飼うよ

ようかいごささごいかうよ

ササゴイ、鳴け、鷲、鵜も、申し訳ない誤差さ

ささごい、なけ、わし、うも、もうしわけないごささ

背後さ、ササゴイは

老老介護、ササゴイか、うろうろ

ろうろうかいご、ささごいか、うろうろ

サルハマシギ

サルハマシギ、島、春さ

さるはましぎ しまはるさ

サンカノゴイ

快活サンカノゴイさん、最後の観察会か

かいかつさんかのごいさん さいごのかんさつかいか

最後の観察、サンカノゴイさ

さいごのかんさつ、さんかのごいさ

要介護の監査、サンカノゴイ飼うよ

ようかいごのかんさ さんかのごいかうよ

この鴫、分かる?川岸の子

このしぎわかる、かわぎしのこ

知らぬ鴫、和歌歌う、川岸濡らし

しらぬしぎ、わかうたう、かわぎしぬらし

中州、川岸濡らし、知らぬ鴫、沸かすかな

なかす、かわぎしぬらし、しらぬしぎ、わかすかな

宵、知らぬ鴫去り、鷺、死ぬらしいよ

よい、しらぬしぎさり、さぎ、しぬらしいよ

シマクイナ

「いないかシマクイナ」

「いない、熊しか居ない」

いないかしまくいな いないくましかいない

仲居なら、シマクイナに似ない熊、知らないかな

シマアジ

シマアジ味甘し

しまあじ あじあまし

シマゴマ

今、鳴かず、シマゴマ静かな舞い

いま、なかず、しまごま、しずかなまい

タイ、モミジ。シマゴマ、ゴマシジミも居た

たいもみじ しまごま、ごましじみもいた

シメ

イカ飯食べたシメかい?

いかめしたべたしめかい

いかめしいシメかい

いかめしいよ、強いシメかい?

シメの食べたの、飯?

しめのたべたのめし

絵馬、シメさ、朝飯前

えま、しめさ、あさめしまえ

飯炊きに来たシメ

めしたきにきたしめ

猿とシメ、召し取るさ

さるとしめ、めしとるさ

三度の飯食べた、シメのドンさ

シメが囀り、懲りず餌が飯

しめがさえずり こりずえさがめし

シメ、義務、麦飯

しめぎむ、むぎめし

よいシメ、まめまめしいよ

弱いシメ、女々しいわよ

よわいしめ、めめしいわよ

我が身が求めし、シメと最上川

わがみがもとめし、しめともがみがわ

ジュウイチ

苦難、死、聖知り、慈悲心鳴く

くなんし ひじりしり じひしんなく

シラコバト

シラコバト、恋、愛、言葉凝らし

しらこばと こいあいことばこらし

シラコバト来い、合言葉凝らし

しらこばとこいあいことばこらし

シラコバト、恋知る、苦しい言葉凝らし

しらこばと、こいしる、くるしいことばこらし

優しい言葉凝らし、シラコバト、恋しさや

やさしいことばこらし、しらこばとこいしさや

白鷺

熊、白鷺、晒巻く

くましらさぎさらしまく

良い白鷺、渚らしいよ

よいしらさぎ なぎさらしいよ

脛さらし、清水佇みし、白鷺は

はぎさらし、しみずたたずみし、しらさぎは

白鷺鳴く渚らし

しらさぎなくなぎさらし

シロカモメ

今飲めモカ、ロシア、シロカモメの舞い

いまのめもか、ろしあ、しろかもめのまい

シロハラクイナ

「食いな」、イクラはロシア語、「あ、シロハラクイナ行く」

くいな、いくらはろしあご、あ、しろはらくいないく

スズメ

スズメ住めず、巣

すずめすめずす

村雀、住めず、スラム

むらすずめ、すめず、すらむ

セッカ

活性化、わくわく、若いセッカ

かっせいか、わくわく、わかいせっか

双眼鏡

「肌に合う」、兄、ダハ

ダイゼン

ダイゼン免税だ

だいぜんめんぜいだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嘘で固める、「軽め鷹出そう」

肩の、ハト派の鷹

かたのはとはのたか

この肩乗るの、鷹の子

このかたのるの、たかのこ

ミス、鷹、片隅

みすたかかたすみ

片言、子鷹

かたことこたか

若い鷹だ、硬い皮

わかいたかだ、かたいかわ

語る、会う、能ある鷹

かたる、あう、のうあるたか

鷹、のしかかる案山子の肩

たか、のしかかる、かかしのかた

良き鷹の目、目の敵よ

よきたかのめ、めのかたきよ

かたくなに鳴く鷹

かたくなになくたか

堅苦しい、シルク鷹

かたくるしいしるくたか

固太り、森飛ぶ鷹

かたぶとり、もりとぶたか

語る責任、恩に着せる鷹

かたるせきにん、おんにきせるたか

カタルシス、知る鷹

かたるしす、しるたか

片田舎、向かない鷹

かたいなかむかないたか

出て、鷹、ムカつき、つかむ、片手で

でて、たか、むかつきつかむ、かたてで

夜、鷹、鴛咬む、昔を語るよ

よる、たか、おしかむ、むかしをかたるよ

タカサゴモズ

数も誤差か、タカサゴモズか

かずもごさかたかさごもずか

タヒバリ

狩場浸る、タヒバリか

かりばひたるたひばりか

夜、タヒバリか、盛り場浸るよ

よる、たひばりか、さかりばひたるよ

チゴモズ

チゴモズも食べた、モズもゴチ

ちごもずもたべたもずもごち

ツバメ

ツバメ来て

  巣作り崩す

    敵めバツ

つばめきて すづくりくずす てきめばつ

ツミ

ツミ、舐めな、蜜

つみなめなみつ

ツミ、過密

つみ かみつ

咬みつくツミか

かみつくつみか

睨みつける、「歩け」ツミらに

にらみつける、あるけ、つみらに

見つかるかツミ

みつかるかつみ

見つけた、畑、ツミ

みつけた、はたけつみ

猿め、ツミ、見つめるさ

寄るか?ツミ見つかるよ

ツミ、雛、巣が、探すな、秘密

つみひなすがさがすなひみつ

千葉、ツミの食べたのミツバチ

ちばつみのたべたのみつばち

よくツミが、シマゴマしがみつくよ

よくツミら、からみつくよ

悪げな眼、ツミ、見つめ、投げるわ

かしら赤き鶴、釧路市来る、月か、嵐か

かしらあかきつる、くしろしくる、つきか、あらしか

鶴は新潟、互いにワルツ

つるはにいがた たがいにわるつ

仲善き鶴見る月夜かな

なかよきつるみるつきよかな

「寄る?どお?鶴、わくわくワルツ躍るよ」

よるどおつるわくわくわるつおどるよ

ツルクイナ

「よく藪、ツルクイナ、来ない?来る?」呟くよ

よくやぶ、つるくいな、こない、くる、つぶやくよ

てらつつき(キツツキ)

てらつつき、来つつラテ

てらつつき、きつつらて 

トウゾクカモメ

メモ書くぞうとトウゾクカモメ

めもかくぞうと、とうぞくかもめ

トキ

佐渡に飛ぶよ朱鷺と、呼ぶと二度さ

さどにとぶよときとよぶとにどさ

佐渡に舞う、朱鷺と馬、二度さ

さどにまうときとうまにどさ

烏合、トキ、意気投合

うごうときいきとうごう

軽めトキ、抱き止めるか

互いに飛ぶ、朱鷺とブト、新潟

たがいにとぶときとぶとにいがた

ドバト

優しい言葉 ドバト恋しさや

やさしいことばどばとこいしさや

トビ

花瓶止まる昼間、トンビか

かびんとまるひるま、とんびか

この指とまれ、晴れ間トビ湯ノ湖

このゆびとまれ、はれまとびゆのこ

昼寝人、友と、トビ寝る日

ひるねびと ともととびねるひ

水浴び、トビ、安曇

みずあび、とび、あずみ

猿、走り高跳び、鳶と語りし春さ

さる、はしりたかとび、とびとかたりしはるさ

トビと里人

とびとさとびと

トビ、見つかるか、罪びと

トビ遺恨し晴らし、白羽新恋人

とびいこんしはらし、しらはしんこいびと

変、神経過敏、トンビか、胃検診へ

へんしんけいかびん とんびかいけんしんへ

感染か、、、鳥と、、、感染か、、、

かんせんか とりとかんせんか

ナキイスカ

ナキイスカ、中州行きな

なきいすか なかすいきな

寄る?いかす粋なナキイスカいるよ

よる?いかすいきな なきいすか いるよ

鬼に金棒、空母、中に鳰

おににかなぼうくうぼなかににお

棹に乗りトキが鳴き、池、息が長き鳥の鳰さ

さおにのり、ときがなき、いけ、いきながきとりのにおさ

付き合えぬ、ヌエ、秋津

つきあえぬぬえあきつ

ノゴマ

いた、見たいな孫のノゴマ、鳴いたみたい

いた、みたいなまごののごま、ないたみたい

ノスリ

リスの名タマ「又な、ノスリ」

りすのなたままたなのすり

リスの敵か、来て、ノスリ

ノビタキ

さあノビタキ、旅の朝

さあのびたきたびのあさ

ハイタカ

ハイタカの硬い歯

はいたかのかたいは

硬い歯、私が怪我したわ、ハイタカ

かたいは わたしがけがしたわ はいたか

硬い羽根ね、ハイタカ

かたいはねね はいたか

堅い羽、鷽襲うね、ハイタカ

かたいはねうそおそうねはいたか

ハクガン

ハクガン、金額は?

はくがん、きんがくは

ハクガン今朝見ず、出水さ見学は

はくがんけさみずいずみさけんがくは

ハクセキレイ

あ、経歴セクハラ、ハクセキレイ、ケア

あ、けいれき、せくはら、はくせきれい、けあ

トイレ来、セクハラ、ハクセキレイと

といれきせくはらはくせきれいと

白鷹

堅くはないな、白鷹

かたくはないな、はくたか

ハシブトガラ

カラが飛ぶし、羽の色黒いのね、ハシブトガラか

からがとぶし、はねのいろくろいのね、はしぶとがらか

夜イラガ飛ぶし、ハシブトガラ居るよ

よるいらがとぶし はしぶとがらいるよ

ハシブトガラス

ブト、ウ、尊ぶ

ぶとうとうとぶ

モスラが飛ぶし、ハシブトガラスも

もすらがとぶし はしぶとがらすも

軍備、モスラが飛ぶし、ハシブトガラス、モビング

ぐんびもすらがとぶし はしぶとがらすもびんぐ

ハシブトゴイ

行こよ、ハシブトゴイ最後飛ぶし、早よ来い

いこよ はしぶとごいさいごとぶし はよこい

ハチクマ

いたかハチクマ、口は堅い

いたかはちくま、くちはかたい

寄る土地、ハチクマ、甘口蜂捕るよ

よるとちはちくま あまくちはちとるよ

え?ゲスト鳩?すげえ

え、げすとはと、すげえ

釧路よ、鳩、後はよろしく

くしろよ、はと、あとはよろしく

釧路よ、鳩暴れてれば、後はよろしく

くしろよ、はとあばれてれば、あとはよろしく

夜、ホワイトハウス、多数鳩、岩掘るよ

よる、ほわいとはうす、たすう、はと、いわほるよ

博多、鳩はタカ派

はかた、はとはたかは

鳩、大敵、生きていたとは

鳩大人気、家禽二位だとは

はとだいにんき、かきんにいだとは

鳩類に、ダニ、居るとは

はとるいにだにいるとは

鳩、怒鳴る「蹴るなどとは」

はとどなるけるなどとは

「鳩わんさかさ」、まさか三羽とは 

はとわんさかさ、まさかさんわとは

ぽっぽっぽ、鳩は、ぽっぽっぽ

ぽっぽっぽはとはぽっぽっぽ

夜、鳩去る、古里春よ

よる、はとさる、ふるさとはるよ

バン

夜、バンが頑張るよ

よる、ばんががんばるよ

ヒクイナ

ヒクイナ、行く日

ひくいないくひ

ヒタキ

ヒタキが来た日

ひたきがきたひ

ヒタキ去り、理佐来た日

ひたきさり りさきたひ

ヒタキまた留守をする、タマ来た日

ひたきまた るすをする たまきたひ

ヒメモリバト

ヒメモリバト、帳揉め日

ひめもりばと とばりもめひ

フクロウ

洞工夫、フクロウ

うろくふう ふくろう

もう、フクロウ、洞、台無しにしないだろう、洞工夫も

もう、ふくろう、うろ、だいなしにしないだろう、うろくふうも

夜、舞う、フクロウ、洞工夫、丸よ

よるまう、ふくろう、うろくふう、まるよ

()

洞、台無しにしないだろう

うろ、だいなしにしないだろう

洞だ、イラつく、つらいだろう

ベニバト

今、波止場に、ベニバトは舞い

いま、はとばに、べにばとはまい

ホウロクシギ

ホウロクシギ、過ぎし苦労、ほ

ほうろくしぎ すぎしくろうほ

詐欺師、苦労、ホウロクシギさ

さぎしくろう、ほうろくしぎさ

ホオジロガモ

夜、ホオジロガモが、路地を掘るよ

よる、ほおじろがもが、ろじをほるよ

ホシハジロ

寄ると路地端、ホシハジロ撮るよ

よるとろじはし ほしはじろとるよ

ホシムクドリ

するり毒虫、ホシムクドリ留守

するりどくむし ほしむくどりるす

メス屋根、ホシムクドリ、毒虫骨休め

めすやね、ほしむくどり、どくむしほねやすめ

夜、ホシムクドリ、毒虫掘るよ

よるほしむくどり どくむしほるよ

ホトトギス

ホトトギス三ノ輪、飲み過ぎと徒歩

ほととぎすみのわ のみすぎととほ

奴参加で、ホトトギス見過ぎと、徒歩で観察や

やつさんかで、ほととぎすみすぎと、とほでかんさつや

マガモ

子供が「マガモどこ?」

こどもが、まがもどこ

しぶといマガモが、舞い飛ぶし

しぶといまがもが、まいとぶし

何でもかもがマガモ、鴨でんな

マガン

いい門構え、マガンもいい

いいもんがまえ、まがんもいい

好感が増し、マガン飼う子

こうかんがまし まがんかうこ

野太いマガンが、舞い飛ぶの

のぶといまがんが、まいとぶの

図太いマガンが、舞い飛ぶ図

ずぶといまがんが、まいとぶず

酔いしマガン、恩がましいよ

よいしまがん、おんがましいよ

鳴いた、見た、マガンが又見たいな

ないたみた まがんがまたみたいな

マシコ

よこしまなマシコよ

マミジロ

路地見回るわ、マミジロ

ろじみまわるわ、まみじろ

ミサゴ

誤差見過ごすミサゴ

ごさみすごすみさご

誤差見逃した、滋賀のミサゴ

ごさみのがした、しがのみさご

魚食うし、ミサゴ淋し浮く仲さ

さかなくうし みさごさみしうくなかさ

ミヤコドリ

「居た、ミヤコドリ」、

「どこや、見たい」

いたみやこどり どこやみたい

ムクドリ

借り得、ムクドリか

かりどくむくどりか

ムクに強い四ツに組む

むくにつよいよつにくむ

モズ

飼いな、モズ、春居るはずも無いか

数も少ない、肺無くすモズか

かずもすくない、はいなくすもずか

名がモズ、ワイルド気取る、言わずもがな

ながもず、わいるどきどる、いわずもがな

モリツバメ

滝でモリツバメのため、頼めば釣りも出来た

たきでもりつばめのため、たのめばつりもできた

夜、木でモリツバメ。棲めば、釣りも出来るよ

よるきでもりつばめ すめばつりもできるよ

ヤツガシラ

ヤツガシラなら四月や

やつがしらならしがつや

ヤツガシラ鳴いた、見たいなら四月や

やつがしらないた、みたいならしがつや

ヤマセミ

夜、開く、ヤマセミいません、狭い店、麻薬あるよ

よるあくやませみいません せまいみせまやくあるよ

ヤマヒバリ

ヤマヒバリ、狩場、ヒマや

やまひばり かりばひまや

ヤンバルクイナ

「ヤンバルクイナ、来ない?」

「来る晩や」

やんばるくいなこない くるばんや

ヤンバルクイナ、都内来る番屋

やんばるくいな とないくるばんや

ユリカモメ

よくユリカモメがメモ借り、ゆくよ

よくゆりかもめがめもかりゆくよ

ヨタカ

肩寄せ行こう、恋せヨタカ

かたよせいこう、こいせよたか

偏るヨタカ

偏る伊予、うようよいるヨタカ

蚊、頼り、ヨタカ

かたよりよたか

ヨタカ、味方よ

よたか、みかたよ

ヨタカ鳴きて、素敵な方よ

よたかなきて すてきなかたよ

ヨシガモ

ヨシガモ餓死よ

よしがもがしよ

ヨシキリ

ヨシキリ、飼うか、力士よ

ヨシキリ、去り岸よ

ヨシゴイ

ヨシゴイと囲碁しよ

よしごいといごしよ

ヨシゴイ風邪、介護しよ

よしごいかぜ かいごしよ

最後、死よ、ヨシゴイさ

さいごしよ よしごいさ

ルリカケス

ルリカケス、助け借りる

るりかけすたすけかりる

ルリガラ

夜、暗がり、ルリガラ来るよ

よるくらがり るりがらくるよ

ルリビタキ

来た、ビリ。ルリビタキ

きたびり るりびたき

レンカク

大河区間、レンカクが居た

たいがくかん れんかくがいた

皺無き大きな鷲

しわなきおおきなわし

申し訳ない、鳴け、鷲、鵜も

もうしわけない、なけ、わし、うも

柏、清水湛え、佇みしワシか

かしわ、しみずたたえ、たたずみしわしか

柏市、沼、清水湛え、佇み、島主ワシか

かしわし、ぬま、しみずたたえ、たたずみ、しまぬしわしか

ワシカモメ

ワシカモメも柏

わしかもめもかしわ

渡り

渡り、懲りたわ

わたりこりたわ

コルリ・鷗・イカル・翡翠

店分かるかい?メモ借りる子、コルリ、鴎、イカル、翡翠

みせわかるかい めもかりるこ、こるりかもめいかるかわせみ

 

 

鳥回文

鳥以外の回文

鳥ローマ字回文

ローマ字回文

文字回文

 

 

 

ホーム

鳥へぇ