鳥回文 か

カイツブリ

浮くカイツブリ、ぶつイカ食う

うくかいつぶり ぶついかくう

今朝の秋 舞うカイツブリ 多摩湖横 またリブ追加 美味きあの酒

 

カイツブリ 銀座でザンギ リブ追加

 

カイツブリ、リブ追加

 

カケス

カケスだと被害多いが、人助けか

 

カケスケア カラス雄らか 明け透けか

 

美濃市、カケス助け、樫の実

 

樫鳥、酉年か

 

カササギ

佐賀昼は カササギ笹か 春日傘

 

カササギは 子育てだそこ 萩笹か

 

カササギは 中州に巣かな 萩笹か

 

カササギは のどかにかどの 萩笹か

 

カッコウ

カッコウ舞う国家

かっこうまうこっか

今歌う カッコウ国歌 歌うまい

 

カッコウ科 毛虫を仕向け 飼う国家

 

カナダカモメ

知らない鴎 モカだな カナダカモメも飼い慣らし

 

鴨とガンが友か

 

鴨知るは 陰か日陰か 春霜か

 

弱い波 最上海鴨 見ないわよ

 

鴨飛ぶよ 弥生良い夜や 呼ぶ友か

 

鴨飛ぶよ 水面、雲、波 呼ぶ友か

 

短夜の 綱渡り鴨 冴えないな 餌も借りたわ 夏の余暇地味

 

鴨肉に、モカ

 

目もかすみ、ミス、カモメ

 

目もカスミ目だ、ダメ、ミス、鴎

めもかすみめだ、だめ、みす、かもめ

目もカワイ 浮かび飛び交う 岩カモメ

 

鷗来て 港営み 敵メモか

 

妻はモカ カモメ飲めモカ 鴨は待つ

 

鷗さえ、餌メモか

かもめさええさめもか

鴎さえ 毎朝合間 餌メモか

 

三階、カモメが鳴く、眺めも快感さ

さんかい、かもめがなく、ながめもかいかんさ

嫁も飼いならした知らない鴎よ

よめもかいならした、しらないかもめよ

涙目も、カイロしろ、色白い鴎だ、皆

 

安らかに眠れ、胸に、カラスや

 

桜の木 カラス安らか 気の楽さ

 

モスラ飼いたい、カラスも

 

濡れ羽色、黒い、バレぬ

ぬればいろ、くろいばれぬ

雛カラス、安らかな日

 

ブトとボソ 家内の田舎 祖母と飛ぶ

 

カーカーカ カラス安らか カーカーカ

 

カラ

カラが、ほがらか

 

カラは笹原か

からはささはらか

喜ぶと カラがほがらか 飛ぶ頃よ

よろこぶと からがほがらか とぶころよ

(かり)

いい金運、運ぶ鳥、雁飛ぶ湖畔、運気いい

いいきんうん、はこぶとり、かりとぶこはん、うんきいい

悪乗りか また朝頭 雁乗るわ

 

雁飛ぶよ 仲間今かな 呼ぶ鳥か

 

雁来月 雁来て霧か 気づく理香

 

雁のせい 草踏み不作 伊勢海苔か

 

飛ぶ雁と みずいろ泉 トリカブト

 

飛ぶ雁と 錦の岸に とりかぶと

 

雁鳴くや 照りい日入りて 焼くなりか

 

白雲の 那覇飛ぶ鳥か 舞い歌う 今雁飛ぶと 花野も暗し

 

カリカリ鳴くなり、雁か

かりかりなくなり かりか

遠くの音、雁か、遠のく音

とおくのおと かりか とおのくおと

夜エコ、鳥、雁と越えるよ

よるえことり、かりとこえるよ

昼下がり、雁が去る日

ひるさがり かりがさるひ

雁が去る昼下がりか

 

雁と飲めモカ、鴎の鳥

かりとのめもか、かもめのとりか

カワアイサ

カワアイサ来れば、オナラ、なおバレ、臭い泡か

かわあいさくれば、おなら、なおばれ、くさいあわか

夜、川、小さい泡、カワアイサ位置分かるよ

よる、かわ、ちいさいあわ、かわあいさいちわかるよ

カワガラス

モスラが和歌詠むよ、カワガラスも

もすらがわかよむよ、かわがらすも

宵なら、カワガラスらが、分からないよ

よいなら、かわがらすらが、わからないよ

カワセミ

いかす翡翠、店沸かすかい

いかすかわせみ みせわかすかい

カワセミの 好みノミの子 ノミ世話か

かわせみの このみのみのこ のみせわか

カワセミの ダニだマダニだ ノミ世話か

かわせみの だにだまだにだ のみせわか

カワセミの 得意飼育と ノミ世話か

かわせみの とくいしいくと のみせわか

カワセミや 暗がりが楽 闇世話か

かわせみや くらがりがらく やみせわか

カワセミや 子育てだそこ 闇世話か

 

若造か カワセミ世話か 飼うぞ川 

 

カワセミの 棲めない池が 残りけり この崖いいな メスのみ世話か

 

この店沸かすカワセミの子

 

角の店、分かりにくいよ、行く二里、カワセミ長閑

かどのみせ、わかりにくいよ、いくにり、かわせみのどか

いい雁、品が良い

 

抱くガンは 特価スカッと 半額だ

 

たった今 ガンガンガンが 舞い立った

 

昼山河 消ゆる春雪 ガン去る日

 

対岸が 賑やかヤギに ガンがいた

 

「ウソ云え、ガンが営巣?」

うそいえがんがえいそう

けだるい音楽聞くガン 老いるだけ

 

渡れない橋、雁が支配、馴れたわ

わたれないはし、がんがしはい、なれたわ

遠くの音、雁が遠のく音

とおくのおと、がんがとおのくおと

退化した雁が、確か居た

たいかしたがんがたしかいた

居るわ、ガン、あちら治安が悪い

 

対岸、雁がいた

たいがんがんがいた

態度悪いガンがいるわ、どいた

たいどわるいがんがいるわ、どいた

だんだんと雁が飛んだんだ

 

二羽、雁、縁側に

にわ、がん、えんがわに

人相の悪い雁がいるわ 農村に

 

呼ぶと、雁が飛ぶよ

よぶと、がんがとぶよ

観察

観察は 夏まで待つな 初参加

 

 

    

    

  す せ そ

 ち つ て 

な に ぬ ね の

は ひ ふ へ ほ

 み む め も

や  ゆ  よ

ら り る れ ろ

 

 

鳥以外の回文

鳥ローマ字回文

ローマ字回文

文字回文

 

 

ホーム

鳥へぇ