鳥回文 き

キジ

今の時期、キジの舞い

いまのじき、きじのまい

呼ぶと雉 夜でも出るよ じき飛ぶよ

 

呼ぶとキジ イカすオスかい じき飛ぶよ

 

今の時期 家内の田舎 雉の舞い

 

キジ鳴くと 里山谷戸さ 得な時期

 

次期都知事 五輪権利後 自治と雉

 

つまはじき 仲間今かな キジは待つ

 

つまはじき されなくなれさ キジは待つ

 

この時期いたんだ、団体、キジの子

このじきいたんだ、だんたいのきじのこ

談志、雉食べた、じき死んだ

だんしきじたべたじきしんだ

名寄駅にキジ、じきに消えろよな

 

つまはじき、耐えた、キジは待つ

つまはじきたえたきじはまつ

キジ、ウトウ舞う、陶磁器

きじ、うとう、まう、とうじき

キジバト

キジバト速いや、波止場じき

きじばとはやいや、はとばじき

キジバトは いやはや早い 波止場じき

 

キセキレイ

トイレ、キセキレイと

 

夜トイレ、奇跡的に会えた、寒さ耐え、兄来てキセキレイ撮るよ

よるといれ、きせきてきにあえた、さむさたえ、あにきてきせきれいとるよ

キタタキ

キタタキ、薪叩き

きたたき まきたたき

「営巣、キタタキ」

「ウソ云え」

えいそうきたたき うそいえ

先たたき 滝来てモテ期来た キタタキさ

さきたたき たききてもてききた きたたきさ

「この木、たたきたい」、泣いたキタタキの子

 

中州だ、キタタキ、たたき出すかな

なかすだ、きたたき、たたきだすかな

庭にキタタキ、二羽に

にわにきたたきにわに

キツツキ

キツツキが、ガキつつき

 

啄木鳥が 白樺枯らし ガキつつき

 

キツツキが 悪いのいるわ ガキつつき

 

キツツキの 来てすぐ素敵 軒つつき

 

啄木鳥の 二羽来てきわに 軒つつき

 

キツツキの わびしき村に 舞い飛ぶと 今睨む岸 びわの木つつき

 

キツツキが「乗りな」と、隣のガキつつき

 

キツツキが鳴き、今生意気なガキ、つつき

 

キツツキ聞いたか、遠く叩く音、硬い木、木つつき

きつつききいたか とおくたたくおと かたいき きつつき

巣作り木、キツツキ、切り崩す

すづくりき きつつき きりくずす

キビタキ

で、また、キビタキ、旅、北まで

でまたきびたき たびきたまで

下手キビタキ、秋旅、北へ

へたきびたき あきたびきたへ

キリアイ

借りたキリアイ、ありきたりか

 

佐野、成田、キリアイありきたりなのさ

 

キンバト

たった一晩、キンバト浸った

たったひとばん、きんばとひたった

庭に、朝と晩来たキンバトさ、あ、二羽に

にわに、あさとばんきたきんばとさ、あ、にわに

 

    

    

  す せ そ

 ち つ て 

な に ぬ ね の

は ひ ふ へ ほ

 み む め も

や  ゆ  よ

ら り る れ ろ

 

 

鳥以外の回文

鳥ローマ字回文

ローマ字回文

文字回文

 

 

ホーム

鳥へぇ